Page tree

Versions Compared

Key

  • This line was added.
  • This line was removed.
  • Formatting was changed.
Comment: Published by Scroll Versions from space TEADOC and version 5.0
Sv translation
languageen

Teamstudio Usage Auditor consists of a Lotus Notes Application (TSUsage.ntf) that manages scanning and aggregation of usage data and generates reports, and a supporting executable application that collects the raw Activity Logging data from servers. 

Usage Auditor is designed to be run on a workstation.  Usage scanning and reporting are resource intensive processes; running scans from a separate workstation and Notes client limits the impact of Usage Auditor on server performance.


System Requirements 

Usage Auditor is supported on all all IBM-supported 32-bit configurations of Notes on running on Windows.

Usage Auditor does not currently support 64-bit Domino installations; it is recommended that Usage Auditor be run on a client workstation. 

 

 Prerequisites

Teamstudio Usage Auditor aggregates and reports on data collected by the IBM Domino server’s Activity Logging task.

In order to use Usage Auditor, Activity Logging must be enabled on all servers you wish to include.

Activity Logging can be enabled on the Server Configuration document in the Domino Directory database.  Usage Auditor tracks the following activity streams:

  • Domino.Notes.Database
  • Domino.Notes.Session
  • Domino.AGENT
  • Domino.HTTP 

By default, Activity is logged to the Log.nsf database on the server, and the default 2 week retention period for Log.nsf applies to activity as well. Usage Auditor should be run regularly to ensure that there are no gaps in activity collection; once activity is recorded in Usage Auditor, Usage Auditor will maintain summary information for all activity since reporting began.

If you have already enabled Activity Logging for the activity streams above, you can run Usage Auditor immediately, once configured, to report on the currently available activity in the Log.nsf.

 

Installing the Usage Auditor application

The main Usage Auditor application is a Notes application based on the template TSUsage.ntf.

This application is intended to run scans from a client Workstation.  Scanning for and reporting on activity is a resource intensive activity that may access multiple servers and works with file system files as part of the process.

The application can be replicated to servers to make the resulting reports available to a wider audience.

To install the Usage Auditor Notes application, create a new database based on the TSUsage.ntf template on the desired workstations local Data directory.

The application must be signed with an ID that has a least Reader access to the Log.nsf files on the servers to be scanned.  If the servers exist in multiple domains, the ID and local workstation must be properly cross-certified to all servers.

 

Installing the executable

Usage Auditor uses an executable utility, logscan.exe, to collect raw activity data from Domino servers.

If a scan is initiated and this utility is not yet installed in the Notes program directory, Usage Auditor will automatically install it, assuming the current user has appropriate OS rights to allow the install.

In the event that Administrator access is necessary to save this executable to the Notes program directory, the utility is located in the database’s Help > About document, and can be manually detached and saved to the Notes executable directory if needed.

Once saved, the user account running Usage Auditor in Notes must have read and execute rights in order to run the executable.

 

Upgrading from prior versions of Usage Auditor

To upgrade Usage Auditor, sign the Usage Auditor template, and refresh the design of the target Usage Auditor template.

*Note: Usage Auditor 5.0.0 requires an updated software license key.  Contact Teamstudio Support at http://support.teamstudio.com or by email at techsupport@teamstudio.com to obtain a new key.

When upgrading from previous versions, logscan.exe is not automatically upgraded.  Upgrade logscan.exe by manually detaching it from the Help > About page to the Notes executable directory.  Or simply delete logscan.exe from the Notes executable directory and allow Usage Auditor to reinstall it when a scan is run.

Beginning with Usage Auditor version 5.0.0, user activity is also tracked via individual user documents.  User activity tracking at the database level can be disabled via these documents.  Users excluded from tracking in previous versions via the "Show non-users for server..." button in the configuration settings are not automatically upgraded.

For more information and assistance upgrading a prior version of Usage Auditor, contact Teamstudio Support at http://support.teamstudio.com or by email at techsupport@teamstudio.com.

 

Sv translation
languageja

Teamstudio Usage Auditor は 利用状況の集積データをスキャンし、レポートを生成する Lotus Notes アプリケーション (TSUsage.ntf) と、サーバーで生成されるアクティビティロギングの生データを収集するプログラムとで構成されています。

Usage Auditor はワークステーション上で動作するように設計されています。利用状況のスキャンとレポートは非常にリソースを消費するプロセスを含んでいるため、実ユーザーが使用していないワークステーションにインストールしたノーツクライアントからスキャンを実行することで Usage Auditor がサーバーのパフォーマンスに与える影響を抑えられます。

システム要件 
Usage Auditor は Windows 上で動作する IBM がサポートする 32 ビット構成のノーツクライントをサポートしています。
Usage Auditor は現在 64 ビットの Domino のインストレーション上ではサポートしていません。従って、Usage Auditor はクライアントワークステーション上で動作させることを推奨します。

前提となる要件
Teamstudio Usage Auditor は IBM Domino サーバーのアクティビティロギングタスクで収集されたデータを元に、集積とレポートを行います。

Usage Auditor の使用には、対象となるサーバーすべてにアクティビティロギングを有効化する必要があります。
アクティビティロギングはドミノディレクトリーのサーバー設定文書で有効にできます。Usage Auditor は次のアクティビティ・ストリームを追跡します:

  • Domino.Notes.Database
  • Domino.Notes.Session
  • Domino.AGENT
  • Domino.HTTP


Domino 上のアクティビティロギングの設定におけるデフォルトは、アクティビティの情報がサーバー上の Log.nsf データベースに書き込まれ、最新の 2 週間分だけアクティビティ情報が保存されるようになっています。Usage Auditor はアクティビティの収集において不足がないように定期的に動作するようになっています。つまり、アクティビティを Usage Auditor を使って記録すれば、レポーティングを開始した直後から「すべてのアクティビティ」のサマリー情報を保持できるようになります。

上記のようにすでにアクティビティロギングの設定がオンになっていれば、Usage Auditor を直ちに起動し、設定を行うだけで Log.nsf 内のアクティビティをレポート可能になります。

Usage Auditor アプリケーションのインストール
Usage Auditor のメインのアプリケーションは TSUsage.ntf というテンプレートを基にしたノーツアプリケーション(NSF)です。

このアプリケーションはクライアントからスキャンを実行するように作られています。スキャンやアクティビティのレポーティングには、複数サーバーへのアクセスすることや、プロセスの一部としてファイルシステム上のファイルを扱うため、リソースをかなり消費するものになる可能性があります。

このアプリケーションをサーバーに複製することで、生成されたレポート結果を他のユーザーにも公開することができます。

Usage Auditor ノーツアプリケーションのインストールには、TSUsage.ntf テンプレートを基に新規のデータベース(NSF)をワークステーション上のノーツデータディレクトリーに作成します。このアプリケーションにはスキャン対象となるサーバー上の Log.nsf にすくなくとも読者権限でアクセスできる ID で署名してください。サーバーが複数ドメインにまたがる場合は、この ID とワークステーションは、その対象となるすべてのサーバーに相互認証が正しくされていることが必要となります。

ユーティリティ・プログラムのインストール

Usage Auditor は logscan.exe というユーティリティ・プログラムを使って、Domino サーバーからアクティビティの生データを収集します。

スキャンが実行されてこのユーティリティプログラムがノーツプログラムディレクトリーにない場合でも、Usage Auditor は自動的にユーティリティ・プログラムをインストールするようになっています。ただし、現在のユーザーがインストールに必要な OS 上の権限が必要になります。
ノーツプログラムディレクトリーにこのプログラムを保存する管理者権限が必要など自動でプログラムをインストールできなかった場合には、このユーティリティ・プログラムはデータベースの「ヘルプ」>「アプリケーションについて」に添付してあります。マニュアルでノーツ実行ディレクトリーに保存してください。

保存後、Notes 上の Usage Auditor を起動するユーザーがこのプログラムを実行するのに必要な読み取り、実行の権限が必要になります。

Usage Auditor の以前のバージョンからのアップグレード


Usage Auditor をアップグレードするには、Usage Auditor のテンプレートに署名をし、ターゲットとなる Usage Auditor のデータベースの設計を更新します。

*注意: Usage Auditor 5.0.0 からソフトウェアライセンスキーの入力が必要になります。新しいライセンスキーの入手には技術サポート http://jp.teamstudio.com/support で問い合わせするか techsupport_japan@teamstudio.com にメールでお問い合わせください。

以前のバージョンからアップグレードするとき、logscan.exe は自動的にアップグレードされません。「ヘルプ」 > 「アプリケーションについて」から logscan.exe を保存し、Notes 実行ディレクトリーにマニュアルで配置してアップグレードしてください。あるいは、Notes 実行ディレクトリーに既にある logscan.exe を削除し、最初のスキャンの際に Usage Auditor が自動で再インストールさせるようにしてください。

Usage Auditor バージョン 5.0.0 からユーザーのアクティビティは個々のユーザー文書で追跡できるようになっています。データベースレベルでのユーザー利用状況を収集はこれらの文書で無効化できます。以前のバージョンで「Show non-users for server...」ボタンで特定のユーザーを追跡しない設定は自動的にアップグレードされません。

Usage Auditor の以前のバージョンからアップグレードに関する詳細やサポートは技術サポート http://jp.teamstudio.com/support で問い合わせするか techsupport_japan@teamstudio.com にメールでお問い合わせください。