Page tree

Versions Compared

Key

  • This line was added.
  • This line was removed.
  • Formatting was changed.
Comment: Published by Scroll Versions from space TEADOC and version 5.0
Sv translation
languageen


Teamstudio Usage Auditor 5.0.1 - Release Notes


Teamstudio Usage Auditor 5.0.1 contains fixes and enhancements to improve the accuracy and reliability of Usage Auditor.  The most significant updates include:

Web Usage Activity

Usage Auditor 5.0.1 fixes an issue where certain server configurations failed to report web-browser activity.  This release contains enhanced URL pattern matching that allows reporting of web activity regardless of the location of the server’s data directory.

Usage Auditor 5.0.1 improves the accuracy of trending reports by generating these reports automatically when the usage data being imported switches from one month to the next.  Previous versions relied on Trending being run as part of the nightly data import on a specific day of the month, which created the potential for missed months.  This release also fixes an issue where, prior to Usage Auditor 5.0.1, calculations of trend data could become inaccurate after the second month of trending.

Re-import Capability

Usage Auditor 5.0.1 can now re-generate Usage Activity reports from saved data when “Save Supporting Data” has been enabled for servers.

Re-importing clears all statistics in Usage Auditor, and then recreates the statistics based on the original activity data stored in CSV format.  

Re-import can be used to apply fixes to the product to previously scanned data, as in the case of the Web Usage fix in 5.0.1.  It also allows retroactive changes, such as switching between Common and Full User Name settings, or ignoring activity from certain users.

The Supporting Data view (available via View > Go To) contains documents with the CSV files that will be re-imported.  Only data for periods when “Save Supporting Data” was enabled is available for re-import; however re-import is not affected by the 10 day limit (default) on server retention of activity data in the server’s log.nsf

NOTE:  Usage statistics may change during re-import for a variety of reasons, including “Track DB Usage” being applied to the entire range of data, and changes to reporting behavior and bug fixes such as those listed below.

Backing up the Usage Auditor database prior to re-import is strongly recommended.

This feature is available via the Actions > Admin > Re-import from saved CSV data agent.

Fixes and Enhancements

  • TMS-458:  Fix issue where 5.0.0 fails to identify web usage for some server configurations
  • TMS-421:  License key dialog now provides example License Number and Serial Key formats
  • TMS-462:  Trending data is now generated in-line during activity import
  • TMS-461:  Fix issue where trend data can become inaccurate after first 2 months of trends
  • TMS-463:  Add ability to re-import usage statistics from saved "supporting files"
  • TMS-465:  Fix issue where usage activity occurring in the same 100th of a second could be duplicated during re-import
  • TMS-464:  Fix issue where 5.0.0 can incorrectly record "days used" due to case-sensitive db path matching
  • TMS-581: Fix issue where user lookup can fail to create a user and log an error "Item or match not found"


Teamstudio Usage Auditor 5.0 - Release Notes

This major feature release adds a number of significant enhancements:

  • Improved performance and reliability of usage activity collection and reporting
  • Scans can now be run on demand, up to the current time
  • User statistics and tracking have been enhanced, user's total usage can now be viewed, and user tracking can be enabled/disabled on all/selected servers
  • Redesigned User Interface improves presentation of usage statistics


User Guide

Documentation, including installation, configuration, and operation instructions, can be found on the Teamstudio Usage Auditor documentation site at http://docs.teamstudio.com/

System Requirements 

Usage Auditor is supported on all all IBM-supported 32-bit configurations of Notes on running on Windows  Usage Auditor does not currently support 64-bit Domino installations; it is recommended that Usage Auditor be run on a client workstation. 

Prerequisites

Teamstudio Usage Auditor aggregates and reports on data collected by the IBM Domino server’s Activity Logging task.  For more information, see the Usage Auditor online documentation topic Installing Usage Auditor.

Upgrading from Prior Versions

For information on upgrading an existing installation, see the Usage Auditor online documentation topic Installing Usage Auditor.

Sv translation
languageja

Teamstudio Usage Auditor 5.0.1 - リリースノーツ
リリースノート


Teamstudio Usage Auditor 5.0.1 には製品の正確性と信頼性を向上する不具合修正と機能拡張を含んでいます。もっとも顕著な変更には以下が含まれます:

Web 利用状況

Usage Auditor 5.0.1 には特定のサーバー設定で Web ブラウザからのアクティビティがレポートできない問題を修正しています。このリリースには拡張 URL のパターンマッチングが含まれ、サーバーのデータディレクトリーの場所に関わらず Web アクティビティをレポートできるようになりました。

トレンディング

Usage Auditor 5.0.1 はインポートされた利用状況のデータが月をまたいで行われる際に自動的にレポートを生成するトレンディングのレポートの正確性を改善しています。前のバージョンではその月の特定の日に起動され、インポートされるトレンディングに依存していましたが、これでは月々生成されるレポートが行われないという潜在的な問題がありました。このリリースでは、トレンディングの2ヶ月目に内容が正確でなくなってしまうトレンドデータの計算に関する問題を修正しています。

再インポートの機能

Usage Auditor 5.0.1 では、各サーバーで「Save Supporting Data」が有効になっているときに、保存したデータから利用状況のアクティビティのレポートを再生成します。

再インポートに機能は、Usage Auditor 内のすべての統計情報をクリアし、次にCSVフォーマットで保存した基のアクティビティデータを基に統計情報を再作成します。

再インポートでは、5.0.1 で修正した Web 利用状況で以前スキャンしたデータから正しいものに適用し直す場合にも用いることができます。その他、ユーザーの名前を共通名から完全名に変えたいといった、以前の内容を変更したい、特定のユーザーのアクティビティを遡って無視したいと行った場合に使用できます。

Supporting Data ビュー (表示 > 移動先から) には再インポートできる CSV ファイルを含む文書が表示されます。「Save Supporting Data」が有効であった場合の期間ごとのデータのみ再インポートが利用できます。しかしながら、再インポートはサーバー上の log.nsf のデータ保持期間 10 日という制限には一切影響をあたえるものではありません。

注意:  利用状況の統計情報はあらゆる理由から再インポート中に変更が加えられる可能性があります。理由の中には、「Track DB Usage」も含まれデータのすべてに適用され、レポーティングの動作への変更、以下にリストした不具合修正に対しても適用されます。

再インポートする前に、Usage Auditor データベースのバックアップを取ることを強く推奨します。

この機能は、アクション > Admin > Re-import form saved CSV data エージェントから利用できます。

不具合修正と機能拡張

  • TMS-458:  特定のサーバー設定をもつ Web 利用状況の検知が 5.0.0 で失敗する問題を修正
  • TMS-421:  ライセンスキー入力ダイアログにライセンス番号とシリアルキーの入力フォーマットの例を表示するように修正
  • TMS-462:  トレンディングデータアクティビティインポート中インラインで生成するように変更
  • TMS-461:  トレンドの最初の2ヶ月目以降データが正確でない問題を修正
  • TMS-463:  保存した「サポートファイル」から利用状況の統計情報を再インポートする機能を追加
  • TMS-465:  再インポート中、ユーザー利用状況が一秒の100回目にデータが重複する問題を修正
  • TMS-464:  5.0.0 がデータベースパスのマッチングに大文字小文字の区別をしていたため、正しくない記録しない問題を修正
  • TMS-581: ユーザー参照でユーザー文書を作成する際に失敗し「アイテムまたは合致しない」というエラーをログに書き込む問題を修正


Teamstudio Usage Auditor 5.0 - リリースノート
このメジャーリリースに数多くの機能拡張が追加されています:

  • パフォーマンスの改善とユーザーアクティビティ収集とレポートの信頼性向上
  • 現在時刻に対応したかたちで、スキャンを必要なときに実行できるようにしました
  • ユーザー統計と追跡を拡張し、ユーザーの利用状況の総合計を表示するようになりました。加えてサーバーを選択してユーザー追跡を有効化/無効化できるようにしました
  • 利用状況の統計を見やすくするためユーザーインターフェースを改善しました


ユーザーガイド
インストール、設定、操作方法などの説明に関するマニュアルは http://docs.teamstudio.com/ の Teamstudio Usage Auditor でご確認いただけます。


システム要件

Usage Auditor は IBM が正式サポートする Windows 上で動作する Notes の 32 bit 版をサポートしています。Usage Auditor は現在、64 bit の Domino のインストール上での動作をサポートしていません。クライアントワークステーション上で Usage Auditor をご使用いただくことを推奨します。


前提条件
Teamstudio Usage Auditor は IBM Domino サーバーのアクティビティ・ロギングによって収集したデータをもとに集積、レポーティングを行っています。詳細は Installing Usage Auditor をご参照ください。


以前のバージョンからアップグレードするには
現在お使いのバージョンからアップグレードされる場合には Usage Auditor のオンラインマニュアル Installing Usage Auditor をご参照ください。