Page tree

Versions Compared

Key

  • This line was added.
  • This line was removed.
  • Formatting was changed.
Comment: Published by Scroll Versions from space TEADOC and version 6.0
Sv translation
languageen

Filters allow you to specify which databases (and users, for the usage module) will be displayed in Adviser. Note that Adviser always collects data for all databases and users; filters only affect what data is displayed. Consequently, you can edit filters at any time to add and remove additional databases and Adviser will be able to accurately display all data, including historical usage trends.

Excluding a Database

You can create a filter to exclude a database from the database details view in any module. With the required database selected, click the 'no entry' button that is next to the module buttons. This will display the filter menu.

 Image Modified

The filter menu will let you ignore this specific database on the current server, this database pathname on any server, all replicas of this database or all databases inheriting from the same template as this database, if appropriate. If you select a template, the filter menu will only offer the option of filtering all databases inheriting from the template: modules other than the catalog never display data for templates in any case.

When you filter a database, Adviser needs to recompute all of the usage counts for all users in the system. This may take a little while so it runs as a background job. It may therefore take a little while before you see the results of the filter operation: see the Jobs page for further details.

Removing Filters using the Catalog

The databases list in the Catalog shows all databases but marks any that are filtered with a filter icon:

Image Modified

If you click on a filtered database, the details view will show the filters that apply to the database and allow you to remove them individually.

Image Modified

Removing Filters using Settings

You can view a list of all filters in effect and remove any that are no longer required from the settings page, accessed from the gear icon in the status bar. Selecting the Filters category will display a list of all filters currently defined and allow you to delete them individually.

Image Modified

Sv translation
languageja

フィルター機能は、Adviser に表示するデータベース (Usage モジュールの場合はユーザー)を指定することができます。Adviser は常に すべてのデータベースとユーザーのデータを収集しています。このフィルタ機能はどのデータを画面表示するかにだけに影響されます。その結果、いつでもフィルターを編集してデータベースを追加したり削除でき、過去の利用状況トレンドも含むすべてのデータを正確に表示します。

ひとつのデータベースを除外する

フィルターを作成して、それぞれのモジュールのデータベース詳細からあるデータベースを除外することもできます。データベースが指定されている状態で、各モジュールの横にある「進入禁止」ボタンをクリックして、フィルターメニューを表示します。

 Image Added

このフィルターメニューで現在のサーバー上にあるこのデータベース、いづれのサーバー上のこのデータベースのパス、このデータベースのすべてのレプリカ、このデータベースと同じテンプレートから設計が引き継がれているデータベースなどを無視することができます。テンプレートを指定した場合、このフィルターメニューはこのテンプレートから引き継がれているデータベースすべてをフィルタリングするオプションが提供されます。カタログ以外のモジュールではこれらのテンプレートに関するデータを表示しなくなります。

あるデータベースをフィルターした場合、Adviser はこのシステム内ですべての利用状況のカウントとすべてのユーザーに関して再計算する必要があります。バックグラウンドのジョブとして実行しますが、完了するのに時間がかかる場合がありますのでご注意ください。同時にこのフィルター操作で結果を確認できるのに時間がかかる場合があります。さらなる詳細は Jobs ページをご参照ください。

Catalog を使用したフィルターの削除

Catalog のデータベース一覧にはすべてのデータベースを表示しますが、フィルターが適用されているとフィルターマークが付きます:

Image Added

フィルターが適用されたデータベースをクリックすると、このデータベースに適用されたフィルターが詳細表示に現れます。ここに表示されるフィルターを個別に削除することもできます。

Image Added

設定を使用してフィルターを削除

適用されているフィルターすべての一覧を表示できます。ステータスバーの歯車アイコンから設定ページにアクセスして必要のなくなったフィルターを削除することもできます。Filters カテゴリを選択して、現在定義されているフィルターすべての一覧を表示したり、個別に削除することもできます。

Image Added