Page tree

Versions Compared

Key

  • This line was added.
  • This line was removed.
  • Formatting was changed.
Comment: Published by Scroll Versions from space TEADOC and version 6.5
Sv translation
languageen

The Guidance module combines data from all other modules to make recommendations on the future plans for your Domino applications. The recommendation is based on a combination of the application usage, the design complexity and the business value.

The recommendation can take one of four values:

  • Retain: The application is important to your organization and needs to be retained. If you are planning on continuing to run a Domino server, these are the applications that should remain on that server. If you are migrating to a new platform, these are the applications that should be migrated. This is usually a lengthy and expensive course of action and is only recommended for applications with very high business value and usage.
  • Archive: The application contains valuable data that should still be available to your users, but a read-only archive is probably enough. There are tools that can create simple archives of databases as, for example, a collection of HTML files.
  • Retire: The application can be backed up based on your data retention requirements and removed. 
  • Generic: The application can be replaced with an off-the-shelf product. Simple discussion databases or document libraries are an excellent example of generic applications. Adviser does not currently make this recommendation automatically as, for example, it has no way of knowing that a particular collection of databases are implementing a CRM system. You can, however, set this recommendation manually.

Guidance is updated automatically whenever any of the data on which it depends is updated. As it involves examining data for all of the databases in the system it may take a little while to run, so it runs as a background task. See ジョブ Jobs for further details. The only exception is when you update the business value for a single database: in this case Adviser can immediately update the recommendation for the affected database.

Guidance Overview

The Guidance overview page is shown when you select Guidance from the navigation bar at the top of the screen.

It shows a summary of the databases in your system categorized by the recommendation. As with most charts in Adviser, you may choose to view the data as a pie chart, bar chart or table.

Viewing Database Details

To view details for a specific database, select the databases button at the top of the screen. Clicking the button will display a complete list of databases:

You can sort the list by clicking on any column header and use the search box to limit the display to databases that match the search expression. You can search on any column, so you can enter a server name or guidance recommendation here, not just a file name or title.

The down arrow next to the databases button allows you to list databases categorized by server, template or guidance result.

Clicking on a specific database will show you details for that database. The Guidance Factors panel shows the metrics that contribute to the recommendation.

Note that the guidance recommendation is always shown at the top right of the details area with a light blue background. The recommendation is shown regardless of which module you are currently viewing.

Overriding the Automatic Recommendation

There may be situations where you want to override the automatic recommendation that Adviser has generated. In particular, this is the only way to set the Generic recommendation. To manually set a recommendation, use the down arrow next to the recommendation in the colored box at the top right of the details area.

This shows a small menu allowing you to specify the required guidance value. If you set the guidance value manually, the recommendation is shown with a 'target' icon in database lists:

You can revert to the computed recommendation from the same menu accessed via the down arrow.

Sv translation
languageja

「ガイダンス」モジュールは、他のモジュールから収集したデータを組み合わせて、Domino アプリケーションの将来に向けた計画についての提案を作成します。この提案は、アプリケーションの利用状況、設計の複雑さ、ビジネス上の価値を組み合わせて行われます。

提案には 4 つの中のひとつに含まれます:

  • 保持: このアプリケーションは組織にとって重要であり保持する必要があります。Domino サーバーで継続して稼働することをお考えであれば、そのままサーバー上で稼働をするべきです。新しいプラットフォームへの移行をお考えならば、移行が必要です。通常、長期でコストのかかる継続的なアクションが必要で、特にビジネス上の価値が高く、利用状況も高いアプリケーションに対してのみお勧めします。
  • アーカイブ: エンドユーザーに現在も利用が見られ、貴重なデータがあるものの、読み取り専用のアーカイブにすれば充分であるものが該当します。データベースのアーカイブをコンテンツだけの参照として、例えば、 HTML ファイルで作成しておくなどの軽量なツールを使うことをお勧めします。
  • リタイア: データ保持要件に基づいてバックアップして、削除しても構わないものが該当します。
  • 汎用: その他の代替ソリューションに置換が可能なものが該当します。単純なディスカッションデーターベースや文書ライブラリーなどは汎用アプリケーションの代表的な例です。Adviser は現在この提案を自動的に作成することはありません。例えば、Adviser はどのデータベースを CRM システムに統合すべきかを機械的に知る方法がありませんので、ご自身でこの提案の設定を行っていただくことになります。

ガイダンスは基になるデータが更新される都度自動的に提案も更新されます。システム内のデータベースすべてのデータを調査するため、実行時間が長くなります。従ってガイダンスはバックグランドタスクとして実行されます。さらなる詳細は ジョブJobs をご参照ください。単一のデータベースに対してビジネス上の価値を変更した場合だけは例外となります: この場合、Adviser はその該当するデータベースへの提案を直ちに更新します。

ガイダンスの概要

「ガイダンス」の概要ページは画面上部のナビゲーションバーから「ガイダンス」を選択します。

提案で分類されたシステム内のデータベースのサマリを表示します。Adviser のほとんどのチャート同様、パイチャート、棒グラフ、表を選択できます。

データベース詳細の表示

特定のデータベースに対する詳細を表示するには、画面の上部にある「データベース」ボタンを選択します。これでデータベースの完全な一覧が表示されます:

列ヘッダーをクリックすることでデータをソートできます。また、検索ボックスを使って検索テキストに合致したデータベースを表示できます。すべての列が検索され、例えばファイル名だけでなくサーバー名やガイダンスの提案も検索対象となります。

「データベース」ボタン横の下矢印で、サーバー、テンプレート、ガイダンスの結果で分類されたデータベースの一覧を表示します。

特定のデータベースをクリックすると、そのデータベースの詳細を表示ます。ガイダンス要因パネルはこの提案における測定基準を表示します。

ガイダンスの提案は常に詳細の上部右側に薄青色の背景色で表示されています。この提案は現在表示しているモジュールに関わらず表示していますのでご注意ください。

自動で出された提案の書き換え

Adviser が生成した自動の提案オプションを書き換えたい状況があるかもしれません。特に、汎用 の提案に設定する唯一の方法にもなります。提案オプションをマニュアルで設定するには、詳細エリアの上部右にある色づけされたボックス内の提案の下矢印を使って指定します。

このメニューで必要なガイダンスの値を指定できます。マニュアルでガイダンスの値を変更した場合、その提案はデータベース一覧の中で「ターゲット」アイコン付きで表示されます:

同じく同じメニューの下矢印で提案を基に戻すこともできます。