Page tree

Versions Compared

Key

  • This line was added.
  • This line was removed.
  • Formatting was changed.
Comment: Published by Scroll Versions from space TEADOC and version 6.5
Sv translation
languageen

Tags allow you to create arbitrary categorizations for your databases and users. You can add as many tags as you need to a database or user and all of the modules in Adviser can display their data grouped by tag. Some uses for tags include:

  • Refining guidance recommendations. For example, you can add tags for databases that will be replaced with specific products such as Salesforce or Zendesk.
  • Collecting together multiple databases that comprise a single logical application.
  • Grouping users in ways not captured by existing address book groups.

Adding and Editing Tags

You can add and edit tags from any module. In the screen below, we have selected a database in the Catalog module.

Tags are displayed above the list of detail sections on the right of the screen. In the example above, the database has already been assigned the System tag. To add another tag, simply click on Add a tag and type the new tag value. Adviser will suggest matching tags as you type. To remove a tag, simply click on the x by the tag name or use the delete key.

Viewing Tags

Whenever Adviser displays a list of users or databases, it will mark any that are tagged with a tag symbol, as shown above. You can hover over the symbol to view the tag or tags.

The database and user lists in all modules have the option to group by tag. A database or user will be listed in more than one group if it has multiple tags.

 

Sv translation
languageja

タグを使用すると、データベースとユーザーの任意のカテゴリを作成できます。データベースまたはユーザーに必要な数のタグを追加することができ、Adviser のすべてのモジュールでこのタグでグループ化されたデータを表示します。 タグには次のような用途があります。

  • ガイダンスの提案を修正する。 データベースのタグを例えば、Salesforce や Zendesk などの特定の製品を指定して追加できます。
  • 複数のデータベースをひとつのロジカルなアプリケーション群としてまとめることができます。
  • ユーザーを現存するアドレス帳に定義してあるグループとは異なるグループとしてまとめることができます。

タグの追加と編集

どのモジュールからでもタグを追加したり編集したりできます。下の画面では「カタログ」モジュール内であるデータベースを指定しテンプレートいます。

タグは画面右の詳細セクションのリストの上部に表示されます。上の例では、このデータベースには systemdomino only のタグがアサインされています。 さらにタグを追加するには、タグを追加のエリアをクリックして、希望するタグの値を入力してください。Adviser は入力していくにつれて合致するタグの候補を表示します。タグを削除するには、タブ名の×印をクリックするか削除キーで削除します。

タグの表示

Adviser がユーザーやデータベースのリストを表示する際、上記の例のようにタグの記号で判別できるようしています。 この記号の上にマウスを位置づけるとどのタグが指定されているか分かるようになっています。

すべてのモジュールにあるデータベースとユーザーのリストはタグでグループ化するオプションを備えています。ひとつのデータベースまたはユーザーに複数のタグが指定されていれば必然的に、他のいくつかのグループにも表示されることになります