Page tree

Versions Compared

Key

  • This line was added.
  • This line was removed.
  • Formatting was changed.
Comment: Published by Scroll Versions from space TEADOC and version 6.5
Sv translation
languageen

The Complexity section allows you to make detailed changes to the way Adviser computes Complexity scores. In general, you will use this page to enable complexity scanning and to configure your search terms. It is rarely necessary to make any further changes and we recommend speaking to tech support before any reconfiguration.

General Configuration

This section allows you to enable/disable Complexity scanning and configure score thresholds and common problems. Any changes that you make in this section will be marked with a pencil icon and must be saved to take effect.

Enable Complexity

The first option will say either Analysis is Enabled or Analysis is Disabled. To change the option, click on it and then click the Save button. If you do not want to save your changes, the Reset button will restore the previous value.

Overall Complexity Score

This allows you to change the thresholds that define the complexity rankings.

Common Problems

This section allows you to choose which common problems will contribute to the complexity score. They are all enabled by default.

Agents, ..., Views

These sections allow you to configure the impact different complexity factors have on the overall score. It is rarely necessary to change these.

Search Terms

This section allows you to configure the keywords that Complexity will search for as it analyzes each database. The search is performed by converting each design element to DXL and then performing a simple text search on the DXL file.

Info

Modifying the list of search terms causes Adviser to rerun the Complexity scan on all databases in your environment which may take several hours or more. We recommend disabling Complexity while you develop your list of search terms and only enabling Complexity once the list is complete.

 

Sv translation
languageja

この「複雑さ」セクションでは、Adviser が 複雑さスコアを計算する方法を細かく指定しながら変更できます。通常、このページで複雑さのスキャンの有効化および検索語句を設定します。ここで指定する内容を変更する必要性は特にありませんが、変更が必要を思わせる場合はご自身の環境を慎重に考慮しておこなってください。

一般設定

このセクションで Complexity スキャンの有効化/無効化、スコアの閾値、よくある問題を構成できます。このセクションで行なおうとする変更は鉛筆アイコンでマークされ、保存をすることで初めて反映されます。

複雑さモジュールを有効にする

最初のオプションは「分析は有効」または「分析は無効」です。このオプションを変更するには、そこをクリックしてから 「変更の保存」 ボタンをクリックします。変更を保存したくない場合は、「リセット」ボタンで前の値に戻せます。

複雑さスコア全体

ここで複雑さのランクを定義する閾値を変更できます。

よくある問題

このセクションで複雑さスコアに反映される「よくある問題」を指定できます。デフォルトではすべて有効になっています。

エージェントやビューなど

このセクションでスコア全体への反映にインパクトを与える複雑さの要因を構成できます。これらを変更することもできます。

検索語

このセクションではデータベース分析で複雑さに検索させるキーワードを構成できます。技術的には、この検索は設計要素を DXL に変換し、その DXL ファイルにテキスト検索する形で行われます。

Info

この検索語句一覧の内容を変更すると、Adviser に環境内のすべてのデータベースに対して 複雑さスキャンをさせることになり、これにはかなりの時間がかかる場合があります。従って、検索語を作成中の間は 複雑さモジュールを無効にして、検索語がすべて作成し終えたときに複雑さモジュールを有効にすることを推奨します。