Page tree

Versions Compared

Key

  • This line was added.
  • This line was removed.
  • Formatting was changed.
Comment: Published by Scroll Versions from space TEADOC and version 6.5
Sv translation
languageen

Teamstudio Adviser 6.5.1 - Release Notes

The current version, Adviser 6.5.1, is a patch release of Teamstudio Adviser 6.5. Adviser 6.5.1 improves the stability of Complexity Scans when corrupt design elements are encountered, which in some situations cause the workstation to exit due to a crash in the Notes DLLs while exporting DXL for the corrupt elements.  It also contains improvements to the commands available on the workstation console.  Please read the installation guide (available here) carefully before installing.

Major New Features in Adviser 6.5

Export To Microsoft Excel

It is now possible to export most Adviser data from the Catalog, Usage, Complexity and Guidance modules, along with the error log.The data is exported in CSV format suitable for import into Microsoft Excel. See Exporting Data for details.

Edit Multiple Items

It is now possible to apply updates to multiple elements rather than having to edit them one by one. For databases, the properties that can be updated are Business Value, Guidance and Tags. For users, Tags can be updated. Whenever multi-select is available, a multi-select button () will be displayed next to the search bar at the top of a list of elements. Clicking the button will activate multi-select mode and you can use the check boxes to select which elements to modify and then click the appropriate button for the property you want to change.

Complexity Search Term Detail

In Adviser 6.5 you can now see which search terms were found in each database, down to the level of individual design elements. There is also a new option to view databases grouped by search term. In addition, search term matching has been improved to be case-insensitive and to more accurately find matches in XPages and Custom Controls.

Effective Access Performance

Adviser 6.5 significantly improves the performance of Effective Access, including the import and resolving of groups and users that occurs during the Catalog scan. However, the amount of information that Effective Access generates is roughly proportional to the number of databases multiplied by the number of users which can be prohibitive for larger organizations. To ensure that the initial Catalog scan is successful, Adviser 6.5 therefore disables Effective Access by default. During the Catalog Scan, Adviser collects counts of users, groups and databases that you can then use to determine whether enabling Effective Access is appropriate for your environment. Note that if you disable Effective Access, you will no longer be able to view ACL information in the Catalog module.

 

Upgrading from a previous version of Adviser 6

Upgrading to Adviser 6.5 involves refreshing or replacing the design of the server database, updating the command-line module on the workstation and restarting the server's HTTP task.  See Upgrading Adviser on the installation page for a detailed list of steps.

Adviser and Usage Auditor 5.x

Upgrading from Usage Auditor 5.x

It is possible to upgrade from Usage Auditor 5.0 and retain all collected Usage data. Note that data collected with versions of Usage Auditor prior to 5.0 cannot be imported into Adviser. To ensure a successful upgrade, please contact our tech support team for help with your migration.

Running Adviser and Usage Auditor 5.x in Parallel

If you are evaluating Adviser, you may want to run Adviser and Usage Auditor in parallel. This is supported but you will need to run them on separate workstations. The Adviser workstation database contains a long-running scheduled agent that detects job requests on the server and this agent will not allow Usage Auditor's agent to run.

Known Issues

  • An error message from HSQL will be recorded in the server log whenever Adviser updates usage data. This message is benign, it refers to HSQL being unable to adjust logging levels, due to Domino jvm policy.  It starts with the messages:

           <clinit> failure initializing JDK logging system.  Continuing without Application logging.
           HTTP JVM: java.security.AccessControlException: Access denied (java.util.logging.LoggingPermission control)

  • Allowing the browser to "save password" may cause errors in the browser UI on some browsers/platforms.  See Browsers and Saved Passwords on the installation page for details.

  • During Complexity Scans, the Adviser Workstation may log warnings indicating that "Notes initialization failed" due to reuse of a process ID.  Normally these warnings are harmless; the Workstation will recover and continue processing.

Fix List

Adviser 6.5.1 (Build 666)

[TMS-979] -  Add ability to run complexity on a single database for troubleshooting purposes
[TMS-1045]  - New DXL export process reduces likelihood of Adviser Workstation exiting due crashes in Notes DLLs
[TMS-1042] - Fix issue where Complexity can log excessive DXL export errors for databases with hidden design
[TMS-1044] - Fix UI error when user is explicitly part of a group that is included in another group
[TMS-1046] - Complexity now skips design elements over 20MB (which are most likely binary attachments) to avoid out-of-memory error

Adviser 6.5.0 (Build 464)

[TMS-988] - Improve logging during Catalog scan
[TMS-990] - Web address in Notes UI is missing colon between protocol and //host
[TMS-1019] - CSV exports are not setting the content type and disposition correctly
[TMS-1025] - workstation causes extraneous log level update on start
[TMS-1027] - Update Servers task should log failure to open NAB as Debug not Error
[TMS-1028] - Improve progress messages during Catalog scan
[TMS-1029] - Web UI - weird layout when main landing page size is very narrow
[TMS-1007] - Web UI - add configuration for enabling/disabling Effective Access
[TMS-1008] - Web UI - show last time Effective Access / ACL was computed
[TMS-1009] - Web UI - show total number of users and groups for each catalog scan
[TMS-1016] - Complexity should log recoverable element-level errors and continue
[TMS-1017] - Show design element information in Complexity details.
[TMS-1020] - [TMS-1023] Improve Effective Access and Catalog Scan performance
[TMS-1024] - Add advanced SSL options to ignore unknown certs and specify unlisted host name
[TMS-1026] - Catalog database csv report should include template name and inherited template name


Adviser 6.5.0 Beta 1 (Build 430)

[TMS-868] - Add Export to Excel function for reports
[TMS-958] - Misleading message when license server count exceeded
[TMS-966] - Keyword search in Complexity should not be case-sensitive
[TMS-969] - Add a way to view which search terms were found in a database
[TMS-970] - Filters don't handle some characters (e.g. parentheses) properly
[TMS-986] - Complexity doesn't find search terms in XPages, Custom Controls etc
[TMS-991] - Server List is not sorting alphabetically when column is clicked
[TMS-993] - Date and Time used in Log Views not displaying in browser timezone
[TMS-998] - Some legacy log entries may display an incorrect time when the server and browser timezones differ
[TMS-1000] - Scan results may incorrectly display an error symbol

 

Sv translation
languageja

Teamstudio Adviser 6.5.1 - リリースノート

現在の最新バージョン、Adviser 6.5.0 1 は Teamstudio Adviser の機能拡張リリースです。インストール前に、インストールガイド6.5 修正版リリースです。Adviser 6.5.1 では複雑さスキャンにおいて、破損した設計要素を処理中、破損した要素の DXL 出力で Notes の DLL でクラッシュが発生してしまい、そのためワークステーションが停止する問題を解決し、スキャンの安定性を改善しています。加えて、ワークステーションコンソールで使用できるコマンドに対する改善も含まれています。インストール前に、インストールガイド(こちら) を注意してお読みください。

 

主な新機能

Adviser 6.5 での主な新機能

Microsoft Excel への出力

カタログ、利用状況、複雑さ、ガイダンス、加えてエラーログを含む Adviser のデータを出力できるようになりました。データは CSV フォーマットで出力され、 Microsoft Excel のインポートに対応したものになっています。詳細は Exporting Data を参照してください。

複数アイテムの編集

複数の要素に対して編集した更新内容を一度に適用できるようになり、ひとつひとつ行う必要がなくなりました。データベースに対しては、更新できるプロパティは、ビジネス・バリュー、ガイダンス、及びタグとなっています。ユーザーに対しては、タグが一括更新できます。いつでも複数選択が利用でき、要素のリストの上部にある、検索ボックスの隣にある複数選択ボタン () で処理できます。このボタンをクリックすると、複数選択モードに切り替わり、要素を選択するチェックボックスで選択し、変更したいプロパティをクリックするという操作となります。

複雑さ検索語の詳細

Adviser 6.5 では、それぞれのデータベースにおいてどの検索語が個々の設計要素のレベルで検出されたかを確認できます。検索語別でグループ分けされたデータベースを表示するオプションもあります。加えて、合致した検索語は XPages やカスタムコントロールでより正確に検索できるように大文字小文字の区別をするように改善されています。

有効アクセス権分析のパフォーマンス

Adviser 6.5 では、有効アクセス権分析のカタログスキャンで発生するグループ内のユーザー展開とユーザーの取り込みのパフォーマンスが劇的に改善されています。しかしながら、有効アクセス権が生成する情報の量は、おおよそデータベースの数とユーザーの数を掛け合わせた数になるため、大きな組織での利用には一考が必要になるかもしれません。初期のカタログスキャンを正常に終了させるため、Adviser 6.5 のデフォルトではこの有効アクセス権分析は無効になっています。カタログスキャンが行われる間、Adviser はユーザー、グループ、及びデータベースの数を収集しますので、その情報をもとにお客様の環境において有効アクセス権を有効にできるかどうかを決定してください。有効アクセス権を無効にすると、カタログモジュール内で ACL 情報を表示しなくなりますのでご注意ください。

直前のバージョン Adviser 6 からのアップグレード 

Adviser 6.5 へのアップグレードは、サーバー用データベースの設計を再設計または設計の置換を行う必要があります。そして、Adviser ワークステーションとして動作する Notes クライアントとサーバーの HTTP タスクの両方を再始動する必要があります。詳細のステップは インストール方法 の Adviser のアップグレード を参照してください。

Adviser と Usage Auditor 5.x

Usage Auditor 5.x からのアップグレード

Usage Auditor 5.0 からアップグレードし、それまでに収集したすべての利用状況データを保持することができます。ただし、Usage Auditor の  5.0 より前のバージョンで収集したデータは Adviser に取り込むことはできません。アップグレードでご不明の点がありましたら技術サーポートにご連絡ください。

Adviser と Usage Auditor 5.x の並列運用

Adviser を試用中は、Adviser と Usage Auditor の並行運用が考えられます。サポートしていますが、それぞれは別々のワークステーションで実行する必要があります。Adviser ワークステーションデータベースには長時間にわたって実行するスケジュールエージェントがあり、サーバーで要求のあったジョブを検知を行います。このエージェントは Usage Auditor のエージェント起動を許可しません。

既知の問題

  • Adviser が利用状況データを更新する時、HSQL からのエラーメッセージがサーバーログに記録されます。このメッセージは良性で、Domino の JVM ポリシーによって HSQL がロギングレベルを調整できないことに言及するものです。メッセージは次のようになります:

     <clinit> failure initializing JDK logging system.  Continuing without Application logging.
     HTTP JVM: java.security.AccessControlException: Access denied (java.util.logging.LoggingPermission control)

  • ブラウザの「パスワードの保存」はいくつかのブラウザあるいはプラットフォーム上でブラウザUIにエラーを発生させる可能性があります。詳しくは インストール方法 のブラウザとパスワード保存を参照してください。


不具合修正

Adviser 6.5.1 (Build 666)

[TMS-979] - トラブルシューティングの目的で単一のデータベースに対して複雑さスキャンを実行する機能を追加
[TMS-1045] - 新しい DXL 出力のプロセスを採用し、Adviser ワークステーションが Notes の DLL がクラッシュし停止しないようにしています[TMS-1042] - 複雑さスキャンにおいて非表示の設計があるデータベースに対して DXL 出力エラーを出力される問題を修正しました
[TMS-1044] - ユーザーがあるグループの明示的なグループの一部で、他のグループにも含まれている場合の UI 上のエラーを修正しました
[TMS-1046] - 複雑さの処理で 20MB(ほとんどの場合がバイナリー添付)を超える設計要素に対して、メモリーエラーを引き起こさないようにスキップするようになりました

Adviser 6.5.0 (Build 464)

[TMS-988] - カタログスキャン中のログ出力の改善
[TMS-990] - Notes UI 内の Web アドレスで、プロトコルと //host の間にコロンがなかった問題を修正
[TMS-1019] - CSV 出力でContent type と配置が正しく設定されなかった問題を修正
[TMS-1025] - ワークステーションがスタート時に全く無関係なログレベルに更新される問題を修正
[TMS-1027] - Update Servers タスクがエラーではなくデバッグとしてアドレス帳を開くのに失敗とログに記録する問題を修正
[TMS-1028] - カタログスキャン中の進捗メッセージの改善
[TMS-1029] - Web UI - メインのランディングページのサイズが非常に狭い場合にレイアウトが崩れる問題を改善
[TMS-1007] - Web UI - 有効アクセス権分析の有効化/無効化の設定を追加
[TMS-1008] - Web UI - 有効アクセス権/ACL 計算の最終日時の表示を追加
[TMS-1009] - Web UI - カタログスキャンにおけるユーザーとグループの合計数表示を追加
[TMS-1016] - 複雑さで回復可能な要素レベルのエラーのログ記録とその後の処理継続
[TMS-1017] - 複雑さの詳細情報で設計要素レベルの情報を表示
[TMS-1020] - [TMS-1023] 有効アクセス権とカタログスキャンのパフォーマス改善
[TMS-1024] - 不明な認証を無視しリストにないホスト名を指定できる詳細の SSL オプションを追加
[TMS-1026] - カタログのデータベース csv レポートにテンプレートメイト継承元テンプレート名を追加

Adviser 6.5.0 Beta 1 (Build 430)

[TMS-868] - レポートに Excel へ出力する機能を追加
[TMS-958] - ライセンスされたサーバー数のカウントが超えた場合に出る不正なメッセージを改善
[TMS-966] - 複雑さのキーワード検索で大文字小文字の区別をしないように改善
[TMS-969] - データベース内で検知した検索語を表示する方法を追加
[TMS-970] - フィルターが特定の文字を正しく判別しない問題を改善(例: 括弧)
[TMS-986] - 複雑さで XPages やカスタムコントロール内で検索語を検知しない問題を修正
[TMS-991] - サーバーリストが、その列がクリックしてもアルファベット順にソートされない問題を改善
[TMS-993] - ログビュー内で日付と時刻がブラウザのタイムゾーンで正しく表示されない問題を修正
[TMS-998] - サーバーとブラウザのタイムゾーンが異なる場合に、過去のログエントリーに正しくない時刻が表示される問題を改善
[TMS-1000] - スキャンの結果が間違ってエラー記号で表示される問題を修正