Page tree

Versions Compared

Key

  • This line was added.
  • This line was removed.
  • Formatting was changed.
Comment: Published by Scroll Versions from space TEADOC and version 6.5
Sv translation
languageen

Adviser allows you to export most data to comma-separated value (CSV) files for further reporting and analysis. The format of the CSV file has been chosen carefully to import well into Microsoft Excel, but it is important to follow the steps below to ensure that the file imports correctly. At least on some platforms, Excel will not import the file correctly if you simply double-click on the file in Explorer.

Available Reports

  • Catalog
    • All Databases
    • All Users
  • Usage
    • All Databases with usage totals
    • All Users with usage totals
    • Databases with Details: a report with a row for every database/user combination for which there is recorded usage
  • Complexity
    • All Databases with complexity totals
  • Guidance
    • All Databases with guidance 
  • Logs
    • All log entries

Generating a Report

Reports are generally available from the Databases and Users dropdowns in each module:

 

The logs report is available using the download button on the main navigation bar.

The report may take a little time to generate, and it should automatically be downloaded to your browser's downloads folder when it is complete.

Importing a Report into Microsoft Excel

CSV is a very basic file format that does not have specific support for writing dates and times or international characters. To ensure that Adviser data exports correctly, our reports are written using UTF-8 encoding and using a modified ISO format for date times. Some versions of Excel will not automatically import files like this, but the steps below should ensure that the file imports correctly.

  1. With Excel running, select File|Import
  2. Select CSV File from the list of options and locate the file.
  3. Make sure that the Text Import Wizard has selected Delimited for the file format, not Fixed Width.
  4. Accept the defaults on the remaining steps in the Text Import Wizard and choose where the report should be placed on the current worksheet.
  5. If the report contains any dates, Excel may display them incorrectly. If dates display similarly to 31:12.0 then simply select the column(s), and choose Format Cells... from the right click menu. Selecting any format in the Date category will display the dates correctly.
Sv translation
languageja

Adviser では、さらなるレポートや分析のためにほとんどのデータを CSV ファイルに出力することが可能です。CSV ファイルのフォーマットは Microsoft Excel に読み込むことができるようになっていますが、正確に読み込みを完了させるには以下のステップに従ってください。エクスプローラーでファイルを単にダブルクリックするだけでは、いくつかのプラットフォーム上で、Excel は正確にファイルを読み込まないことがありますので注意してください。

利用可能なレポート

  • カタログ
    • すべてのデータベース
    • すべてのユーザー
  • 利用状況
    • 使用合計値情報を含むすべてのデータベース
    • 使用合計値情報を含むすべてのユーザー
    • 詳細情報を含むデータベース: 使用の履歴が記録されたデータベース及びユーザーの組み合わせからなる行を含むレポート
  • 複雑さ
    • 複雑さの合計値を含むすべてのデータベース
  • ガイダンス
    • ガイダンス情報を含むすべてのデータベース 
  • ログ
    • すべてのログエントリー

レポートの生成

レポートはそれぞれのモジュールにおいて通常「データベース」及び「ユーザー」のドロップダウンから利用できます:

ログレポートはメインのナビゲーション・バーにあるダウンロードボタンで出力できます。

レポートの生成には少し時間がかかる可能性があります。プロセスが完了すると、ブラウザで指定したダウンロードフォルダーに自動的にダウンロードされます。

レポートを Microsoft Excel に読み込む

CSV は非常にベーシックなファイルで、特に日付や時刻、一部の多言語文字をサポートしていません。Adviser のデータを正確に出力できるようにするため、レポートは UTF-8 エンコーディングを使用し、日付時刻は関しては ISO フォーマットで出力しています。Excel のいくつかのバージョンでは、このようにファイルを自動的に読むことができないかもしれませんが、次のステップで示す方法に従って、ファイルを正しく読み込んでください。

  1. Excel を起動し、Windows 版 Excel 2016 の場合には、データ|テキストファイル、Excel for Mac の場合には、ファイル|インポート を選択します
  2. ファイル選択ウィンドウが表示されるので、読み込む CSV ファイルをクリックし、[インポート] をクリックします。
  3. テキストインポートウィザードでは、「区切り記号付き」を選択します。「固定長」ではありませんので注意してください。
  4. テキストインポートウィザード内の残りのステップではデフォルトの値ままにし、現在のワークシート常に配置する場所を指定します。
  5. レポート内に日付を含むデータがある場合には、Excel では正しく表示していない可能性があります。日付が例えば、 31:12.0 のような表示をしている場合には、その列を選択して、右クリックメニューから「セルのフォーマット」を選択し日付が正しく表示されるように日付のカテゴリーにあるフォーマットを指定してください。