Page tree

Versions Compared

Key

  • This line was added.
  • This line was removed.
  • Formatting was changed.
Comment: Published by Scroll Versions from space TEADOC and version 6.6
Sv translation
languageen

Teamstudio Adviser collects information that allows you to explore all of the applications in your IBM Notes/Domino environment. It has four modules: Catalog, Usage, Complexity and Guidance.

Catalog

The Catalog module reads information from your Domino server catalogs and address books to provide core lists of databases, templates, users and groups. You can use the catalog to browse your databases by name, server, template or how recently they have been modified. You can use the Effective Access feature to determine which users have access to which databases even when the ACL contains complex group structures. In addition to information pulled from the server catalog, this module also allows you to set a Business Value, from 1-5, for each database trapping its importance to your organization. Lastly, the catalog module allows you to configure filters to exclude certain databases and users from the other modules.

More details are available in the catalog documentation.

Usage

The Usage module imports usage information from your Domino server logs and displays detailed usage statistics for both users and databases. For a database, you can see how many times it was accessed and by whom, along with historical trends showing whether the usage is increasing or decreasing. For a user, you can see which databases and servers they accessed.

More details are available in the usage documentation.

Complexity

The Complexity module scans the complete designs of the databases on your servers and generates a complexity score from 1-5 measuring the approximate difficulty of migrating this application to another platform. The score is based on a number of factors including the size of the design and the numbers of different types of design elements, along with counts of specific Domino features that are hard to migrate. You can also specify keywords whose presence suggest that migration may be hard. These include, for example, references to other proprietary internal systems or external code in DLLs.

More details are available in the complexity documentation.

Guidance

The Guidance module brings together information from all of the other modules to make a recommendation on a future plan for each database. Its recommendation takes into account the business value, usage and complexity of each database. You may also override the recommendation in cases where you already have a plan for a given database.

More details are available in the guidance documentation.

Sv translation
languageja

Teamstudio Adviser は IBM Notes/Domino 環境内のアプリケーションすべてを調査するための情報群を収集します。これには次の 4つのモジュールがあります:  「カタログ」、「利用状況」、「複雑さ」、そして 「ガイダンス」です。

「カタログ」

このカタログ収集モジュールは、Domino サーバー群のカタログから情報を読み取り、データベースとテンプレートの一覧を提供します。カタログ情報は、データベースの名前別、サーバー別、テンプレートのみ、最近修正があったものなど様々な切り口で確認できます。カタログから収集した情報に加えて、このモジュールではそれぞれのデータベースにビジネス上の価値を1 から 5 まで設定でき、ビジネス上の重要度の観点からも追跡可能です。情報のノイズを少なくするため、他の Adviser モジュール群から特定のデータベースを除外できるフィルター機能も構成できます。

詳細は次のカタログモジュール内の 文書 をご参照ください。

「利用状況」

この利用状況収集モジュールは、Domino サーバーのログから情報を読み込み、ユーザーとデータベースの両方の詳細な利用状況統計を表示します。データベースに対しては、誰に何回アクセスされたかが確認でき、加えて利用状況が増加または現象しているかを示す過去からのトレンドも確認できます。ユーザーに対しては、あるユーザーがアクセスしたデータベースとサーバーのすべてを確認できます。

詳細は次の利用状況モジュール内の 文書 をご参照ください。

「複雑さ」

複雑さ収集モジュールは、サーバー上で配置されているデータベースもれなくスキャンし、その設計の複雑さのスコアを生成します。アプリケーションの移行や移植がどの程度難しいかを判定します。このスコアは、例えば設計のサイズや設計要素の異なるタイプの数、移行が困難となる Domino 特有の機能のカウントなど数多くの要因に基づき生成されます。独自の環境下で仮にこれがあると移行が難しくなるといったコードや定数をキーワードとして指定することもできます。キーワードの例として、内部システムで使用される第三者の知的所有物や DLL 内で外部システムへの参照など、環境に合わせて設定いただけます。

詳細は複雑さモジュール内の 文書 をご参照ください。

「ガイダンス」

ガイダンスモジュールは上記のモジュールから収集された情報を集約し、それぞれのデータベースを整理し将来の道筋を提案します。この提案は、アプリケーションの利用状況、設計の複雑さ、ビジネス上の価値の組み合わせを基に行われます。この提案に関わらず、特定のデータベースにはすでに計画や処遇が決定されている場合には、ユーザーがこの提案を書き換え可能です。

詳細はガイダンスモジュール内の 文書 をご参照ください。