Page tree

Versions Compared

Key

  • This line was added.
  • This line was removed.
  • Formatting was changed.
Comment: Published by Scroll Versions from space TEADOC and version 6.6
Sv translation
languageen

The Complexity module gives you an indication of the effort that would be involved in maintaining or migrating a Notes application. The module combines a number of different factors such as the number of design elements of different types, the presence of certain hard-to-migrate elements and the presence of user-definable keywords to compute a complexity score. That score is then converted to a five-point complexity ranking from Very Low to Very High.

Running a Complexity Scan

If enabled, Teamstudio Adviser will automatically run a complexity scan after running a catalog scan. Subsequent scans will only analyze databases whose design has changed since the last scan.

Info

Complexity scanning is initially disabled as a full complexity scan may take several hours in a large environment. We recommend making sure that your keywords have been fully configured before enabling complexity scanning since changing the keywords will require another full scan.

Viewing Complexity

After you have run a Complexity Scan, you can view the results by clicking on Complexity on the top navigation bar or by clicking on the Complexity section of the Adviser home page. This will display the Complexity overview page.

The overview page shows databases categorized by the complexity ranking and an indication of which types of complexity (e.g. script libraries, keywords) are contributing most to your overall environment.

To view a list of databases, click the Databases button at the top of the screen. 

By default, this will display a list of all of the databases on all your servers. As with any list in Teamstudio Adviser, you can click on any of the column headers to sort the data. You can also use the search box to limit the display to databases matching the search text. All of the columns are searched, so you can, for example, match on a database title, not just a database path.

Instead of viewing a complete list, you can group the databases in various ways. To do this, click on the down arrow at the right of the Databases button at the top of the screen. This will offer several ways to group the data, such as by template or by complexity. For example, if you group by complexity, you will see a screen like the following.

To the left, a list of complexity ranks is shown, along with how many databases have that ranking. Selecting a ranking will display a list of those databases.

Info

Some databases have a complexity ranking of n/a. This occurs when Adviser cannot access the database to analyze it. Common reasons for this are that the workstation running the complexity scan may not have sufficient permissions to open the database or the database may have been deleted.

Viewing Database Details

To view the complexity details for a database, simply select the database from any list. This will display the details screen.

This screen shows the database list on the left and the details of the selected database on the right. You can expand the sections to view different types of data about the database. Teamstudio Adviser will remember which section you have expanded so that you will see a consistent view as you navigate through the application.

Complexity Analysis

The Complexity Analysis section shows how Adviser computed the complexity score. In the example above, the database has a complexity score of 69 which is ranked as Very High. The thresholds that Adviser uses to convert scores to ranks have been set after working with many customers over many years, but if they don't make sense for your organization then it is possible to customize them. See the Complexity section under Settings for details.

The Complexity Score is computed by assigning a complexity score to each type of complexity (e.g. the presence of script libraries) and then summing the scores. In the bar chart above, for example, you can see that Script Libraries are contributing a score of 20 whereas Folders are contributing a score of 4. Summing all the scores in the chart gives the total, 69.

Common Problems

The Common Problems section shows which common problems were encountered in the database, along with a count of how many design elements were affected by each one. These common problems represent Domino features that are difficult to recreate in other development environments. While we recommend using the full default set, you can configure which common problems to include in the Complexity section of the Settings page. See the relevant documentation for details. Changing this setting does not require running a new scan since Complexity always collects counts for all of the common problems.

You can view details from other modules using the row of buttons above the details:

These will switch between Catalog, Usage, Complexity and Guidance details. The last button is used to filter the database - see Filters for details.

If the list that you were viewing was grouped then you will see an additional control at the top left of the screen that allows you to navigate through the groups. This control has buttons with left and right arrows that allow you to navigate to the previous and next groups. You can also click on the central text with the group name to select from a dropdown list of all groups.

Keyboard Navigation

There are several keyboard shortcuts to help you navigate around the details view.

  • Up and Down arrows will move to the previous and next databases in the list
  • Left and Right arrows will cycle through the different modules
Sv translation
languageja

この「複雑さ」モジュールは Notes アプリケーションをメンテナンス継続するか、移行するかに関わる作業の大変さを示します。このモジュールは、複雑さのスコアを計算するうえで、異なるタイプの設計要素の数や移行が難しい要素の存在、ユーザー手以後のキーワード類など、多くの異なる要因から組み合わされています。スコアは「非常に低い」から「非常に高い」までの 5 点評価でランク付けされます。

複雑さスキャンの実行

有効時には、Teamstudio Adviser はカタログスキャンのあとに自動的に複雑さスキャンを実行します。以降のスキャンは最後のスキャンから設計に変更があったデータベースのみスキャンを実行します。

Info

複雑さのスキャンは、大規模な環境において完全スキャンに何時間もかかるため、初期状態では無効になっています。また複雑さスキャンを実施する前に、キーワードを完成させておくことをお勧めします。キーワードを変更した場合には、もう一度完全スキャンを実行しますのでご注意ください。

複雑さの表示

複雑さスキャンの実行後には、上部ナビゲーションバーの「複雑さ」クリックするか、Adviser ホームページの「複雑さ」セクションをクリックして結果を表示し確認できます。ここではまず最初に「複雑さ」の概要ページを表示します。

概要ページでは、複雑さのランクで分類されたデータベース群と複雑さのタイプを表示し(例 スクリプトライブラリー、キーワード)、環境全体に対して何がもっとも複雑かを知ることができます。

データベースの一覧を表示するには、画面上部の「データベース」ボタンをクリックします。

デフォルトでは、すべてのサーバー上の全データベースの一覧を表示します。Teamstudio Adviser 内のどのリストにも共通して、列ヘッダーをクリックすることでデータをソートできます。また、検索ボックスを使って検索テキストに合致したデータベースを表示できます。すべての列が検索され、例えばテンプレート名だけでなくデータベースパスも検索対象となります。

完全なリストを表示する代わりに、いろんな方法でデータベースをグループ分けできます。画面上部の「データベース」ボタンの右にある下矢印をクリックします。テンプレート別、最終更新日別などのデータをグループ化できる方法を提供しています。例えば、テンプレートでグループ分けしたい場合、下のような画面が表示されます。

左側に複雑さランクのリストが表示され、ランク付けされたそれぞれのデータベースの数も確認できます。ランクを選択すると、該当するデータベースが表示されます。

Info

複雑さランクが n/a となるデータベースがあるかもしれません。これはデータベースを分析するうえで Adviser がアクセスできなかった時に発生します。一般的な理由として、複雑さスキャンを実行するワークステーションにデータベースを開く充分な権限がないか、該当するデータベースが削除されているために起こります。

データベース詳細の表示

データベースに対する複雑さの詳細を表示するには、単純にリストからそのデータベースを選択します。これで、詳細画面が表示されます。

この画面では、左にデータベースのリストを表示し、右に選択データベースの詳細を表示します。そのデータベースに関する異なるタイプのデータを展開し表示することができます。Teamstudio Adviser はどのセクションを展開したかを記憶しているので、アプリケーション間を移動しても同じセクションの状態で詳細を表示します。

複雑さ分析

この複雑さ分析セクションでは、Adviser が複雑さスコアの計算方法を表示します。上記のサンプルでは、このデータベースは複雑さスコア 69 で、非常に高いとしてランクされています。Adviser がランクへとスコアを計算するのに使用する閾値は弊社が長年多くのお客様とのやりとりの中で設定されていますのです。しかしながら、それぞれの企業の状況に合わせて閾値を変更することも可能です。この設定に関する詳細は 設定 の 複雑さセクションを参照してください。

この 複雑さスコアは、それぞれの複雑さのタイプに対して割り当て計算し(例 スクリプトライブラリーの存在)、スコアを合算しています。上の棒グラフを見ていただくと、スクリプトライブラリー のスコアが 20、フォルダーが 4 になっています。スコアすべての合計がこのチャートでは 69 となっています。

よくある問題

このよくある問題セクションでは、データベース内にあるよくある問題を表示します。これには、問題に該当する設計要素の数がカウントされています。これらの問題は他の開発環境内で再作成するのが難しい Domino の機能を表しています。デフォルトの設定をご使用いただくのを推奨しますが、設定 ページの複雑さセクションでご自身でこの問題を設定することもできます。詳細についてはこちらの関連する 文書 を参照してください。この設定を変更しても複雑さは常にこの問題すべてに対してカウントの収集をするので、新たにスキャンを実行する必要はありません。

詳細情報上部のボタン群列を使って他のモジュールが収集した詳細情報を確認できます:

このボタンで「カタログ」、「利用状況」、「複雑さ」、「ガイダンス」の各詳細に切り替わります。最後のボタンはデータベースをフィルターするのに使用されます。詳しくは Filters をご参照ください。

表示していたものグループ分けされていたリストであった場合は、スクリーンの上部左側に追加のコントールが表示され、グループ間を切り替えルことできます。このボタンには左矢印と右矢印のコントロールがあり、前や次のグループに移動できます。そのグループ名のある中央のテキストをクリックして、グループすべてを表示してドロップダウンリストから選択することもできます。

キーボード操作

詳細ビューの操作を容易にするいくつかのキーボードショートカットを用意しています。

  • 上または下矢印でリスト内のデータベースを前や次に移動できます
  • 左または右矢印で、異なるモジュールへ切り替えることができます