Page tree

Versions Compared

Key

  • This line was added.
  • This line was removed.
  • Formatting was changed.
Comment: Published by Scroll Versions from space EXPORT and version 2.0
Sv translation
languageen

Teamstudio Export is a tool that allows you export all of your data and design information from your IBM Notes database to an open, XML storage format. Once your data is in XML, you can easily browse it or write converters to import it into other application environments. The archive format that Teamstudio Export uses is public and documented and has no associated licensing or runtime requirements. Teamstudio Export itself can also convert archives to nice-formatted HTML web sites that you can deploy to any file or web server with no runtime costs.

Using Teamstudio Export

Once you have installed and configured Teamstudio Export, the main window will be populated with a list of all of the databases found on configured servers or already archived.

Image Modified

Refreshing the Main Window

Teamstudio Export caches the data displayed in the main window in a local database so that it does not have to rescan your servers, archive and html folders every time it starts up. That means that data can become out-of-date if databases are added or removed from your servers or other workstations are creating archive files in a shared archive folder. You can refresh the contents of the main window at any time by choosing Window|Refresh from the main menu. This could take a little while if you are scanning large servers or archive directories and you will not be able to use Teamstudio Export until the operation completes.

Info

If an error occurs during a refresh, the window may appear empty or show partial data. This is only a display problem: refreshing will never delete databases, archives or HTML exports. Once you have resolved the source of the error, you can repeat the refresh and the UI will update correctly.

Database Status Icons

There are three icons in the final column of the main window that indicate the current status of a database.

Image ModifiedServer

This icon indicates that the database exists on the Domino server. It will not be present for databases that exist only as an archive.

Image ModifiedArchive

This icon indicates that an archive file has been found for the database in the archive folder.

Image ModifiedHTML

This icon indicates that the database has been exported to an HTML site in the HTML export folder.

Filtering on Database Status

You can filter the main UI on the database status to show, for example, all databases that have been archived but have not been exported to HTML. To access the filter dialog, click the Filter icon in the header at the top of the column with the status icons.

Image Modified

The filter dialog shows the three status icons along with a check box and a toggle button. The check box is checked to show that you care about the value of that attribute. In the example above, we do not care whether the database is on a server, but we do care about the archive and HTML export status. For attributes that you care about, the toggle button is used to indicate whether the attribute should be present or not. In the example above, we require that the database must be archived but not HTML exported. Once you have configured the dialog appropriately, click the Filter button to apply your settings. You can clear an existing filter using the Clear button. Note that this does not reset the controls in the dialog to make it simple to re-apply the filter.

Info

The filter is applied dynamically and so if a filter is in effect and an archive or HTML export operation completes, a database may be added or removed from the window. In the example above, if you export a database to HTML with the filter in effect, the database will disappear from the main window when the export completes.

Filtering by Title or Path

You can quickly locate databases in the main window by searching based on the title or path. To search, use Ctrl-F to show the Find control and enter the search text. This will filter the main view to show only databases matching the search string. Close the search bar to return to the initial, unfiltered view of all databases.

Archiving and Exporting

See the Archiving and Exporting to HTML pages for details on creating and working with archives.

Sv translation
languageja

Teamstudio ExportはIBM Notesデータベースのすべてのデータおよび設計情報等をオープンな状態であるXMLストレージ形式にエクスポートするためのツールです。一度データをXML形式にすれば、簡単にブラウズすることも可能で、さらにはコンバーターを作成し他のアプリケーション環境にインポートすることができます。Teamstudio Exportが使用するアーカイブ形式は公開され、さらに文書化もされており、ライセンスまたは実行時にかかる制限等はありません。Teamstudio Export自体も、アーカイブを実行コストなしで任意のファイルやWebサーバーに展開できる優れた形式のHTMLファイルに変換することができます。

Teamstudio Exportの使用方法

Teamstudio Exportをインストールし構築設定等を済まるとメイン画面に、構築済みのサーバー上、または既にアーカイブされているすべてのデータベースの一覧が表示されます。

Image Added

メイン画面の更新

Teamstudio Exportはメイン画面に表示されたデータをローカルデータベースにキャッシュとして保存するので、起動するたびにサーバー、アーカイブ、およびhtmlフォルダを再スキャンする必要はありません。つまり、サーバーにデータベースを追加または削除、もしくは他のワークステーションが共有アーカイブフォルダにアーカイブファイルを作成していると、データの期限切れが起きる可能性があります。メインメニューからウィンドウ/リフレッシュを選択すると、いつでもメイン画面の内容を更新できます。大規模なサーバーやアーカイブディレクトリをスキャンするのに少し時間がかかる場合もあり、その間操作が完了するまでTeamstudio Exportは使用できません。

Info

リフレッシュ中にエラーが発生すると、画面に何も表示されないか、部分的にデータが表示されることがあります。これは表面上の問題に過ぎません。リフレッシュによってデータベース、アーカイブ、またはHTMLエクスポートが削除されることは決してありません。エラーの原因が一度解決されれば、更新を繰り返すことができ、UIも正しく更新されるようになります。

データベース ステータス アイコン

メイン画面の最後の列には、データベースの現在の状態を示す3つのアイコンがあります。

Image Addedサーバー

このアイコンは、データベースがドミノサーバーに存在することを示しています。このアイコンはアーカイブとしてのみ存在するデータベースには表れません 

Image Addedアーカイブ

このアイコンは、アーカイブフォルダ内にあるデータベースのアーカイブファイルが検出されたことを示しています。

Image AddedHTML

このアイコンは、データベースがHTMLエクスポートフォルダ内のHTMLサイトにエクスポートされたことを示しています。

データベース ステータスのフィルタリング

例えば、アーカイブされているがHTMLにエクスポートされていないすべてのデータベースを表示するために、データベースの状態でメインUIをフィルタリングすることができます。フィルターダイアログにアクセスするには、ステータスアイコンがある列の上部にあるヘッダーのフィルターアイコンをクリックします。

Image Added

フィルタダイアログには、3つのステータスアイコンがチェックボックスとトグルボタンと共に表示されます。チェックボックスがオンになることで、その属性の値に注目しているかを示します。上記の例では、データベースがサーバー上にあるかどうかは気にしませんが、アーカイブとHTMLエクスポートの状態のものに注目しています。注目している属性に対して、トグルボタンはその属性が存在するかどうかを示すために使用されます。上記の例では、データベースはアーカイブされているが、HTMLにエクスポートされていない条件を表します。ダイアログを適切に設定したら、「フィルター」ボタンをクリックして設定を適用させます。またクリアボタンを押すことで、既存のフィルターを除くこともできます。このクリアボタンはダイアログ内のコントロールをリセットするためのボタンではないことにご注意ください。

Info

フィルターは動的に適用されるため、フィルターが有効でかつ、アーカイブまたはHTMLエクスポートの操作が完了すると、データベースが画面に追加または削除されます。上記の例では、フィルターを有効にした後、データベースをHTMLにエクスポートすると、エクスポートが完了次第、データベースがメイン画面から消えます。

タイトルまたはパスによるフィルタリング

タイトルまたはパスに基づいて検索することで、メイン画面内にあるデータベースをすばやく見つけることができます。検索するには、Ctrl+Fキーを使用して検索コントールを表示し、検索テキストを入力します。これにより、検索文字列に一致するデータベースのみが表示されるようにメインビューがフィルタリングされます。すべてのデータベースを表示するフィルタリングされてない最初のビューに戻るには、検索バーを閉じます。

アーカイブとエクスポート

アーカイブの作成と操作については、アーカイブHTMLへのエクスポート を参照してください。