Page tree

Versions Compared

Key

  • This line was added.
  • This line was removed.
  • Formatting was changed.
Sv translation
languageen

You must run the Configuration wizard before you can use Teamstudio Export. You can rerun it at any time by choosing Configuration from the File menu.

Configuration Settings

Archive Folder

This is the folder where Teamstudio Export will look for archive files and create new archive files. Archive files will be created within the folder using a subfolder structure that mirrors your servers. You can have multiple workstations running Teamstudio Export all sharing a single archive folder on a network drive.

Info

The Archive Folder is required. Teamstudio Export cannot run without an Archive Folder.

HTML Output Folder

This is the folder where Teamstudio Export will generate the HTML version of any archives that you choose to export. As with the Archive Folder, Teamstudio Export will manage the subfolder structure within this folder. This setting is not required if you will not be exporting archives to HTML.

Notes Folder

If you will be generating archives then you must specify the folder where Notes is installed. Teamstudio Export will attempt to set this correctly but you may need to change it if you have multiple versions of Notes installed. Teamstudio Export uses a helper program, DxlExporter, to generate archive files. Export will add the folder specified here to the path before invoking DxlExporter. If you see an error like 

then this folder is not set correctly.

Notes Ini Location

The location of the notes.ini file to use when generating archives. This will usually be set correctly for you, but you can modify it if necessary.

Info

You need to specify the full path to the notes.ini file here including the file name. Do not just provide the folder containing the ini file.

NotesID File

The location of the Notes ID file to use when generating archives. This ID must have access to the databases that you will be archiving.

Password

The password for the Notes ID file above. The password is stored in an encrypted form, but it is passed to the DxlExporter program in plain text when you create an archive. If you do not want to store a password, you can leave this blank and instead ensure that your Notes client is running whenever you run Export. To allow Notes to share credentials with Export, you must choose File|Security|User Security... from the menu in the Notes client, and check the box labeled Don't prompt for a password from other Notes-based programs (reduces security).

Request Full Access Admin

If this box is checked, Teamstudio Export will attempt to enable Full Admin Administration mode when exporting a database. This will allow you to export databases even when you are not listed in the ACL for that database and will also export documents that you would not normally be able to access owing to readers fields. This setting will only work if you are listed in the Full Access Administrators list on the Security tab in the server document for the Domino server; you cannot use this setting to override standard Notes security.

 

Info

Teamstudio Export will not return an error if your request for Full Access Admin mode is not granted. This information is not returned to us by the Notes API. However Teamstudio Export will return an error if it is unable to export any part of a database because of ACL or readers issues.

Domino Servers

The list of servers that Teamstudio Export will search for databases to archive.

  • To add a new server to the list, enter the server name and press the Add button. You can enter the server name in any form that is convenient for you: canonical, abbreviated or just the common name. Archives will always contain the full canonical server name.
  • To remove a server from the list, select the server and press the Remove button.

To pick from a list of available servers, click the down arrow at the end of the server name field and select <Scan> from the dropdown. This will populate the dropdown with a list of known servers from the address books on your local client and home mail server. Note that the ability to scan for available servers relies on earlier Notes settings being correct so you may see an error if, for example, the Notes program folder is not set correctly.

Sv translation
languageja

Teamstuio Exportを使用する前に、設定ウィザードを起動する必要があります。設定自体はファイルメニューから設定を選択することによって、いつでも設定し直すことができます。

環境設定

アーカイブフォルダ

 

このフォルダはTeamstudio Exportがアーカイブファイルの参照や新規作成を行う際に利用されます。アーカイブファイルはサーバーを反映するサブフォルダ構造を元に作成されます。またTeamstudio Exportはネットワークドライブにて一つのアーカイブフォルダを共有しているので、複数のワークステーションを持つことができます。
Info

アーカイブフォルダは必須です。Teamstudio Exportはアーカイブフォルダ無しに作動することはできません。

HTMLアウトプット フォルダ

このフォルダによって、Teamstudio Exportはユーザーがエクスポートすると選択したアーカイブのHTML版を作成しています。アーカイブファイルと同様に、Teamstudio Exportはこのフォルダ内のサブフォルダ構造を管理しています。このフォルダの設定はアーカイブをHTML形式でエクスポートしない限り必須ではありません。

ノーツフォルダ

アーカイブを作成する際、どのフォルダにNotesがインストールされているか特定する必要があります。Teamstudio Exportはこの設定を自動で行いますが、もし複数バージョンのNotesがインストールされている場合は変更を加えなければなりません。Teamstudio Exportはアーカイブを作成するためにDxIExporterという補助プログラムを使用しています。エクスポートはDxIExporterが呼び出される前に、ここで指定したフォルダをファイルパスに追加します。また以下のエラーが発生した場合は、フォルダ設定が適切に指定されていないことを示します。 

Notes.iniの場所

 

アーカイブを生成するために使われるNotes.iniファイルの場所を指します。基本的には適切に設定されてはいますが、必要であれば自分で修正することも可能です。

Info

ファイル名含めたnotes.iniファイルへのパスを特定する必要があります。Notes.iniのファイルを含むフォルダ名だけでは不十分です。

NotesID ファイル

アーカイブ生成するためのNotes IDファイルの場所です。このIDはアーカイブにしたいデータベースへのアクセス権限を持つ必要があります。

パスワード

上記に記述したNotesIDのパスワードです。このパスワードは暗号化された形式で保存されますが、アーカイブ生成時に平文の状態でDxlExporterに送信されます。パスポートを保存したくない場合は入力フィールドを空白にし、エクスポートが起動する間、ノーツクライアントが実行されているようにしてください。エクスポートにノーツにあるログイン情報を共有するためには、ノーツクライアントのメニューからファイル/セキュリティ/ユーザーセキュリティを選択し、他のNotesベースのプログラムからのパスワード要求をしないをチェックしてください (セキュリティレベルは低下します)

フルアクセス管理者申請

このチェックボックスがオンになった場合、Teamstudio Exportはデータベースをエクスポートする時のフルアクセス管理者モードを可能にする試みを実行します。これにより、そのデータベースがACLのリストにない場合や読者フィールドにより通常時はアクセスできない場合でもエクスポートができるにようになります。この設定はユーザー自身がドミノサーバーの文書にあるセキュリティタブフルアクセス管理者リストに存在する場合のみ有効です。またこの設定をノーツのセキュリティ基準を無視するために使うことはできません。

 

Info

ユーザーによるフルアクセス管理者申請が認められていない状態では、Teamstudio Exportによるエラー表示はありません。これらの情報はNotes APIを通してもエラーの表示できません。しかし、Teamstudio ExportはACLや読者の問題によるデータベースの一部で起きたエクスポートの失敗については、エラーを表示します。

ドミノサーバー

Teamstudio Exportがアーカイブするデータベースを検索するために使用するサーバーのリストです

  • 新しいサーバーを追加する場合、サーバー名を入力し追加ボタンを押してください。サーバー名は正式名、略語、一般名などいかなる形式でも入力可能です。アーカイブは常に正式なサーバー名を保持しています。

  • サーバーをリストから削除する場合、そのサーバーを選択し、削除ボタンを押してください。

利用可能なサーバーをリストから選択する場合は、サーバー名のフィールドの最後にある下矢印をクリックし、ドロップダウンリストからスキャンを選択してください。これにより、ローカルクライアントとホームメールアドレスにあるアドレス帳から既知のサーバーの情報がドロップダウンリストへ出力されます。利用可能なサーバーをスキャンする機能は今まで行われていたすべての Notesの設定が正しいと仮定して実行するため、例えばNotesプログラムフォルダの設定が適切でない、など設定に不備があるとエラーが発生することがあります。