Page tree

Versions Compared

Key

  • This line was added.
  • This line was removed.
  • Formatting was changed.
Sv translation
languageen

Teamstudio Export 2.1.0

Teamstudio Export 2.1.0 is a feature update to Export. New features include

  • Applications exported to HTML will now run inside SharePoint
  • Attachments that are not stored in rich text will now be included in the HTML export

Additionally, there are a number of fixes to attachment handling and international support.

Please refer to Installing Teamstudio Export for details on system requirements and installation. This page will be updated with any known issues and fixes as they become available.

Fix List

Export 2.1.0

[TMS-1178] - Attachments with invalid characters in their file names cause the export to fail|
[TMS-1181] - Attachments with very long file names can cause export to fail
[TMS-1184] - Invalid characters in view data can cause export to fail
[TMS-1189] - Attachments that aren't in rich text don't show up in HTML output
[TMS-1191] - 0 byte attachments can cause HTML export to fail
[TMS-1193] - Error messages from DXL Exporter are corrupted in the Export UI on non-US machines
[TMS-1194] - Sharepoint requires an aspx index page and no more than 5000 files per folder
[TMS-1196] - The DXLExporter version number should be visible in the Export About dialog.

Export 2.0.0

[TMS-1153] - Multi-select in list of Notes databases
[TMS-1156] - Support for filtering and ordering fields
[TMS-1160] - HTML documents should have their form name set on the top-level json object
[TMS-1162] - Regular doclinks are not visible in the HTML output
[TMS-1163] - We should clear existing HTML content before exporting
[TMS-1164] - Allow searching in the main window's list of databases
[TMS-1165] - Refreshing the UI is slow
[TMS-1166] - Support for doclinks in external databases
[TMS-1168] - The 'document' count in the HTML list of views is actually a count of rows, not documents
[TMS-1170] - Improve the error message when the notes.ini location is invalid
[TMS-1171] - Add demo mode that limits archiving to the first 10 entries in each view
[TMS-1172] - Write a default static viewer config file in the config directory if one does not already exist
[TMS-1173] - Tab characters in attachment filenames cause 'Illegal characters in path' error during export
[TMS-1174] - Line breaks in rich text are in the wrong place when exported to HTML
[TMS-1175] - Not possible to view the bottom of rich text fields that are taller than the screen
[TMS-1176] - Some attachment names generate bad links in the HTML export
[TMS-1177] - Support for filtering views

Export 1.0.2

[TMS-1149] - @Error values in numeric fields cause FormatExceptions in HTML export
[TMS-1150] - Documents that fail during archive cause HTML export to fail with missing root element
[TMS-1155] - UI is left in an inconsistent state if refresh fails owing to, e.g. an unavailable server
[TMS-1157] - Crash viewing HTML if files have been moved or renamed
[TMS-1158] - HTML Archive Viewer shows largely blank page with Internet Explorer
[TMS-1159] - Crash during archive if a template has never been opened

Export 1.0.1

[TMS-1141] - Profile documents not included in archive
[TMS-1142] - HTML documents with highlighting display SafeValue must use [property]=binding
[TMS-1143] - HTML document highlighting displays rich text as html if the search text matches part of a tag name
[TMS-1144] - HTML view filtering stops working if you navigate away from a view and then back
[TMS-1145] - HTML documents should not filter out fields that don't match the search term
[TMS-1146] - Database ACL not included in archive

Export 1.0.0

Initial Release

Sv translation
languageja
チームスタジオエクスポート2

Teamstudio Export 2.

0

1.0

チームスタジオエクスポート2Teamstudio Export 2.01.0ではエクスポートの機能が向上しています。主な新機能は以下の通りです。

  • HTMLアプリケーションの全文検索
  • HTMLアプリケーションでのフィールド選別(フィルタリング)、表示するフィールドを指定し、その順序とタイトルを変更できるようになりました。
  • HTMLアプリケーションでのフィルタリングの表示、カッコで囲まれたビューはデフォルトで非表示になり、また表示するビューを正確に指定することができます。
  • HTMLアプリケーション内のデータベース間の文書リンクをサポートします。
  • エクスポートUIで複数の要素を選択してエクスポート、またはアーカイブすることができます。
  • エクスポートUIのデータベース一覧での検索をサポートします。
  • サーバーのスキャン時でのパフォーマンスが大幅に向上しました。
  • HTMLにエクスポートされたアプリケーションがSharePoint内で実行できるようになりました。
  • リッチテキストに保存されていない添付ファイルがHTMLエクスポートに追加されました。

システム条件とインストールの詳細については、Installing Teamstudio Exportを参照してください。このページでは、既知の問題とそれに対する修正が実行可能になり次第更新されます。

Fix List 修正リスト

修正リスト

Export 2.1.0

[TMS-1178] – ファイル名に無効な文字を含む添付ファイルがあると、エクスポートが失敗。
  [TMS-1181] – ファイル名が非常に長い添付ファイルをしようすると、エクスポートが失敗することがある。
[TMS-1184] –
ビューデータに無効な文字が含まれた場合、エクスポートが失敗する。
[TMS-1189] –
リッチテキストではない添付ファイルはHTML出力に表示されない。
[TMS-1191] –
添付ファイルが0バイトの場合、HTMLエクスポートが失敗することがある。
[TMS-1193] –
米国以外のPCによるエクスポートUIにて、DXLエクスポーターによるエラーメッセージが文字化けする。
[TMS-1194] – SharePoint
にはaspxインデックスページと、フォルダ一つに対してファイル5000個までのファイルが必要。
[TMS-1196] – DXL
エクスポーターのバージョン番号がエクスポートについてのダイアログにて表示されるよう対応。 

Export 2.0.0

[TMS-1153] – Notesデータベースのリストでの複数選択。。Notesデータベースのリストでの複数選択。
[TMS-1156] – フィールドのフィルタリング(選別)と順序付けのサポート。
[TMS-1160] – HTML文書はトップレベルのJSONオブジェクトに設定されているフォーム名を保持しなければなりません。
[TMS-1162] –通常の文書リンクはHTML出力では表示されません。
[TMS-1163] – エクスポートする前に既存のHTMLコンテンツを消去する必要があります。
[TMS-1164] – メイン画面のデータベースリストでの検索を許可しています。
[TMS-1165] – UIの更新が遅い状態にあります。
[TMS-1166] – 外部データベースの文書リンクをサポート。
[TMS-1168] – ビューのHTMLリストによる「文書」カウントは、実際には行数のカウントを示しており文書数を示していません。
[TMS-1170] – notes.iniの場所が無効な場合のエラーメッセージの改善。
[TMS-1171] – アーカイブを各ビューの最初の10個の入力に限定するデモモードを追加しました。
[TMS-1172] – デフォルトの静的ビュアー構成ファイルがまだ存在しない場合、configディレクトリに書き込みます。
[TMS-1173] – 添付ファイル名のタブ文字により、エクスポート中に「パスに不正な文字があります」というエラーが発生します。
[TMS-1174] – HTMLにエクスポートよって起きるリッチテキストの改行が間違っています。
[TMS-1175] – 画面よりも大きいリッチテキストフィールドの下部は表示することができません。
[TMS-1176] – 一部の添付ファイル名がHTMLエクスポートで不良なリンクを生成しています。
[TMS-1177] – ビューのフィルタリング(選別)をサポート。

Export 1.0.2

[TMS-1149] – 数値フィールドに存在する@Error値により、HTMLエクスポートでFormatExceptionsが発生します。
[TMS-1150] – アーカイブ中に失敗したドキュメントが原因で、ルート要素を失うことでHTMLエクスポートが失敗します。
[TMS-1155] – 利用できないサーバーなどによってリフレッシュに失敗した場合、UIは一貫性のない状態のままになります。
[TMS-1157] – ファイルを移動または名前を変更した場合、HTMLはクラッシュ表示されます。
[TMS-1158] – Internet ExpolorerでHTMLアーカイブビュアーを開いた場合、大きな空白ページが表示されます。
[TMS-1159] – テンプレートが一度も開かれていない場合、アーカイブ中にクラッシュします。

Export 1.0.1

[TMS-1141] - プロファイル文書はアーカイブに含まれていません。
[TMS-1142] – ハイライトされているHTML文書では、SafeValueは[property]=bindingと設定する必要があります。
[TMS-1143] – 検索テキストがタグ名の一部と一致する場合、ハイライトされているHTML文書ではリッチテキストをhtmlとして表示します。
[TMS-1144] – HTMLビューのフィルタリング(選別)は、ビュー画面から離れた後に再度戻っても機能しなくなります。
[TMS-1145] – HTML文書は検索用語と一致しないフィールドを除外してはなりません。
[TMS-1146] – データベースACLはアーカイブには含まれていません。

Export 1.0.0

初期公開(リリース)

HTMLにエクスポートされたアプリケーションがSharePoint内で実行できるようになりました。