Page tree

Versions Compared

Key

  • This line was added.
  • This line was removed.
  • Formatting was changed.
Comment: Published by Scroll Versions from space TSDOC and version E33
Sv translation
languageen

This function gets a field value from a parent document in the Analyzer database.


TMSGetParentValue( <Form Alias>::<field name> )

Parameter

Meaning

<Form Alias>

This parameter must indicate a parent of the current document (following the structure of the Analyzer output).

For example, field cannot be a parent document of a form. However, Form can be a parent for a field. Also, the only valid parent for a design element is Database (CDBP00).

<field name>

This parameter must represent a valid text field on the target document. Otherwise, it will fail. The field cannot be a rich text field. If the field is not a text field, the value is converted to text.


For example, consider the following:

Code Block
TMSGetParentValue( CDBP00::fdbpFile ) 

It returns the file name of the current database.
It can be embedded in the RT formula as follows:

Code Block
TMSRTContains( Rich Text ; 0; TMSGetParentValue( CDBP00::fdbpFile )) 

When checking a filter, GetParentValue is evaluated first and its return value is substituted into the formula. Then the rest of the formula is evaluated. This function works on any ApplyTo filter except Database because Database documents do not have a parent.

Sv translation
languageja

この関数は、Analyzer データベースに含まれる親文書からフィールド値を取得します。


TMSGetParentValue( <Form Alias>::<field name> )

パラメータ

意味

<FormAlias>

このパラメータは、Analyzer の出力構造に基づいて、現在の文書の親 を指定している必要があります。


たとえば、フィールドは、フォームの親文書にはなれません。ただし、 フォームはフィールドの親になれます。また、設計要素の親には、データベース(CDBP00)のみを指定できます。

<fieldname>

このパラメータには、ターゲット文書で有効なテキストフィールドを 指定する必要があります。有効なテキストフィールドが指定されてい ないと、この関数は失敗します。フィールドに、リッチテキストフィー ルドを指定することはできません。フィールドがテキストフィールド でない場合は、値がテキストに変換されます。


次に式の例を示します。

Code Block
TMSGetParentValue( CDBP00::fdbpFile ) 

この式は、現在のデータベースのファイル名を返します。

次のように TMSRTContains 式に組み込むこともできます。

Code Block
TMSRTContains( Rich Text ; 0; TMSGetParentValue( CDBP00::fdbpFile )) 

フィルタをチェックすると、まず GetParentValue が評価され、その戻り値が式に代入されます。次いで、式の残りが評価されます。この関数は、デー タベースを除くすべての [ 適用設定要素 ] フィルタで動作します。データベース文書には親がないためです。