Page tree
Skip to end of metadata
Go to start of metadata

Teamstudioの各クライアント製品はシリアル番号とキーで保護されているため、ご利用になる前にTeamstudioのクライアント製品を設定しなければなりません。 ご購入頂いたお客様へはクライアント製品のシリアル番号とキーのライセンスを発行しています。

Teamstudio クライアント製品の初期化

  1. デザイナーから初期化したいツールのアイコンをクリックします。
  2. シリアル番号のダイアログが表示されます。
  3. 製品のシリアル番号 (xx-xxxxxの形式) とキー (xxxxx-xxxxx-xxxxxxの形式) を入力します。
    こちらのダイアログは各製品を初めて実行したときに一度だけ表示されます。
  4. OKをクリックします。
    選択されたTeamstudio 製品は直ちに実行されます。
    もしシリアル番号とキーをお忘れの場合、もしくはお手元に情報をお持ちでない場合はTeamstudioまでご連絡ください。
    もし入力をした後、再度シリアル番号のダイアログが表示された場合、間違ったシリアル番号を入力している恐れがあります。再度確認した後、シリアル番号とキーを入力して下さい。もし問題が解決しない場合、Teamstudioまでご連絡ください。

    Note

    アルファベットの I と L は数字の 1 と互換があります。また、アルファベットの O は数字の 0 と、アルファベットの S は数字の 5 と入れ替えても互換があります。

    Tip

    いずれのTeamstudioの製品を使う前に、ご利用のシステムでnotes.ini が一つしかないことをご確認ください。 Teamstudioの製品はIBM Lotus Notes APIに基づいて設計されているため、notes.iniは1つのみであるという前提で動作します。 もしご利用のシステムにnotes.iniが複数存在する場合は、Teamstudioの製品をインストールする前に、削除するか、ファイル名を変更してください。

    もし製品をインストールした後、設定に問題があることが分かった場合(例: スマートアイコンがインストールされていない、もしくはスマートアイコンをクリックした後なにも動作しない、等)、ご利用のシステムにnotes.iniが一つしかないことをご確認ください。

 

  • No labels