クライアントツールはインストール・データベースをサーバーに配置すると便利です。このインストールデータベースにアクセスできる Notes クライアントからデータベースを開き、画面に表示される手順に従ってインストールします。

  1. チームスタジオの Website から Install.nsf をダウンロードします。
  2. Notes クライアントから ファイル > データベース > コピー をクリックして install.nsf をDomino サーバーにコピーし製品を使用したいユーザーがアクセスできるようにします。
    使用者がひとりの場合は、インストールデータベースはローカルの Notes データディレクトリーにコピーしていただいても構いません。

    Teamstudio のクライアント・ベースのツールはユーザー単位にライセンスされます。インストールしたユーザー分のライセンスを購入してあることを確認してください。

  3. クライントワークステーションからインストールデータベースを開きます。
    Teamstudio for Notes インストールデータベースのウィンドウが表示されます。
  4. 次へをクリックして続けます。
    ライセンス契約の条項が表示されます。
  5. ライセンス契約の条項を注意してお読みいただき、合意をする場合は OK をクリックして先に進みます。
    次のウィンドウが表示されます:
  6. 実行ディレクトリーとデータディレクトリーの値が正しいかどうかチェックしてください。

    これらのフィールドが正しくなければ、インストールを正常におこなうことができません。パスに複数の notes.ini が存在している可能性があります。

    notes.exe は Teamstudio のツールを起動するのに実行ディレクトリーに存在していなければなりません。

    コンピューター上に C:¥notes ディレクトリーがあっても、そこに notes.exe があるかどうかを今一度ご確認ください。

    ネットワーク上のファイルサーバーから Notes を起動している場合、正しくインストールを行うには Notes がインストールされているそのドライブやディレクトリーに書き込み権限あるいは管理者権限、そのどちらかあるいは両方必要となります。

  7. インストールするツールに対してチェックします。
    ツールをチェックするとインストールオプションを指定することができるようになります。
  8. 三角アイコンをクリックしてセクションを展開します。次の表でインストールでのオプションを説明します:

    チェックボックス適用先説明
    インストールプログラムファイルすべてのツールチェックをするとインストールするモジュールを起動するのに必要なDLLと実行ファイルをインストールします。ファイルは notes.exe が存在する同じディレクトリーでなければなりません。
    テンプレートのインストールAnalyzer Configurator Delta DesignManager Profiler Validator CIAO! UndoAnalyzer、Configurator、Delta,、Design Manager、Profiler、Validatorでレポートデータベースを作成するときの、元になるデータベーステンプレートをインストールします。チェックをすると、このテンプレートは Notes データディレクトリーにインストールされます。 また、CIAO! では、ツールをご使用前に CIAO! で使用する 2 つのデータベースを作成しなければなりません。そのときのテンプレートもここでチェックするとインストールされます。
    フックの有効化CIAO! ProfilerCIAO! と Profiler は Notes クライアントが設計要素を読み書きするコールを監視します。もしどうすればよいか正確にわからない場合は、ここのチェックは外してください。
    Undoバッファの有効化UndoUndo 機能を使うのには選択したままにします。
    スマートアイコンのインストールすべてのツールすべてのツールは Notes のデスクトップ上からスマートアイコンを使って呼び出します。チェックすると IBM Lotus Notes ユニバーサルスマートアイコンセットに自動的に必要なファイルがインストールされます。
  9. オプションを確認して、インストールをクリックして続けます。
    Teamstudio の製品が既に起動している場合、次のようなメッセージが出力されるケースがあります: 
     

    このメッセージが表示されたときは、Notes クライアントを再起動する必要があります。再起動後は再度インストールの手順をやり直してください。

     

    インストールの手順が正常に完了すると次のメッセージが表示されます:
     

  10. インストールが完了したら、Notes を再起動します。
    Teamstudio のツールバーが表示されているのを確認してください。