Page tree

Versions Compared

Key

  • This line was added.
  • This line was removed.
  • Formatting was changed.
Comment: Published by Scroll Versions from space TEADOC and version 5.0
Sv translation
languageen


Configuration

Usage Auditor is configured by creating Server Configuration documents that define the target servers for usage collection, and contain additional settings that control the collection and reporting process. 

Once Server Configurations have been created, scans can be run either manually or via scheduled agent to collect usage data.

For more information on configuration, see Configuring Usage Auditor.

 

Running Usage Auditor

Usage Auditor can be run manually, by clicking Manual Scan in the left-hand navigator of the Usage Auditor application, and choosing a time period.  Usage Auditor will only record activity that is newer than the last recorded activity, so if all available activity is desired, choose that period for the first run. Re-running a period (such as Today) will add only new activity to the reports.

Manual scanning is helpful for getting started with a new installation, testing configurations, and troubleshooting.  

Once Usage Auditor is set up, local scheduled scanning can be enabled to update statistics daily.

For more information on scanning, see Scanning Servers for Usage.

 

Viewing results

Once Usage Auditor has been configured and data collected, you can browse the usage reports for Databases and Users in the Usage Auditor application.  For an introduction to the statistics collected, see Viewing Usage Statistics.

 

 

Sv translation
languageja

設定
Usage Auditor は利用状況の収集を行う対象のサーバーを定義する「Server Configuration」文書を作成して設定します。この文書では収集とレポートのプロセスを制御する追加の設定もあります。

「Server Configuration」が作成されると、データの収集にマニュアルかスケジュールエージェントでスキャンを開始することができます。
設定に関する詳細の情報は Usage Auditor を設定する を参照してください。

Usage Auditor の起動
Usage Auditor は Usage Auditor アプリケーションの左のナビゲーションにある Manual Scan でスキャンを起動できます。その際に時間も指定できます。Usage Auditor は最後に記録したアクティビティ以降発生した新しいアクティビティのみを記録します。従って、すべての記録が必要であれば、最初の起動時にその期間を指定してください。ある期間を指定(例えば今日)して再度起動するとレポートには新しいアクティビティのみが記録されます。

マニュアルスキャンは新規にインストールしたいとき、設定をテストしたいとき、トラブルシューティングをしたいといった場合に効果を発揮します。

一旦 Usage Auditor がセットアップされた後は、ローカルのスケジュールされたスキャンが有効になり毎日統計情報を更新していきます。

スキャンに関する詳細の情報は Scanning Servers を参照してください。

結果を表示する
Usage Auditor の設定が完了し、データの収集が開始されると、Usage Auditor アプリケーションの中でデータベースやユーザーの利用状況に関するレポートを見ることができます。

収集した統計に関する内容は Viewing Usage Statistics を参照してください。