Page tree

Versions Compared

Key

  • This line was added.
  • This line was removed.
  • Formatting was changed.
Comment: Published by Scroll Versions from space TEADOC and version 5.0
Sv translation
languageen

 

Manual Scans

Usage Auditor can be run manually, by clicking Scan Now in the left-hand navigator of the Usage Auditor application.  Usage Auditor will scan for activity since the last time a scan was run; or all available activity if a scan has not yet been run.

Usage Auditor scans all enabled target servers. See Configuring Usage Auditor for details.

Manual scanning is helpful for getting started with a new installation, testing configurations, and troubleshooting.  

 

Scheduled Scanning

Once Usage Auditor is set up, local scheduled scanning can be enabled to update statistics daily.

To enable scheduled scanning on a workstation with a Notes client installed, the Notes client preference "Enable scheduled local agents" must be set.

The scheduled scan can be enabled via the Agent Settings action in the Admin -> Configuration view.

Once the schedule has been enabled and a scan time chosen, saving this document will attempt to enable the Scheduler agent, which will initiate the scan process. 

Enabling logging in the scheduling settings is helpful to confirm that the locally scheduled agent is running, but should be disabled once scheduled runs are established to reduce the number of log documents created.

 

 

Sv translation
languageja

手動でのスキャン
Usage Auditor は Usage Auditor アプリケーションの左にあるナビゲーター上の「Scan Now」ボタンをクリックして、手動で実行できます。前回スキャンが行われた以降のアクティビティをスキャンします。また、一度もまだスキャンを実行していない場合はすべての利用可能なすべてのアクティビティがをスキャンします。

スキャンは有効になっているすべてのターゲットサーバーに行われます。詳細は Configuring Usage Auditor を参照してください。
手動でのスキャンは、インストール後の一番最初、テスト、トラブルシューティングの際に行うのに役立ちます。 

スケジュールでのスキャン
Usage Auditor が設定されると、ローカルでのスケジュールされたスキャンが有効になり日々統計情報を更新していきます。

Notes クライアントがインストールされ、ワークステーション上でスキャンのスケジュールを有効にするには、Notes クライアントの基本設定で「定期ローカルエージェントの有効化」がオンになっていなければなりません。

スケジュールスキャンは Admin -> Configuration ビューの Agent Settings アクションで有効にできます。

スケジュールが有効になり、時刻が指定したのち、この文書を保存すると Scheduler エージェントが有効になり、スキャンプロセスを開始するようになります。

スケジュール設定でログ出力設定を有効にするとエージェントがローカルで正しく動作しているか確認できます。しかし、スケジュールでの動作を確認できた後はログ文書が大量に作成されるのを減らすために無効にするのをお勧めします。