Page tree

Versions Compared

Key

  • This line was added.
  • This line was removed.
  • Formatting was changed.
Comment: Published by Scroll Versions from space TEADOC and version 5.0
Sv translation
languageen


Teamstudio Usage Auditor uses information collected by IBM Domino Activity Logging to keep track of usage and provide an overview of the level of usage for each application on each monitored server.

Domino’s Activity Logging records information as “events” related to certain activities, such as opening a Notes session, opening a database, and so on. 

Usage Auditor tracks running totals for events related to Notes Client, HTTP (web browser), and Agent access to applications.  The event data for these types of events isn’t homogenous; a single event does not necessarily represent a single database-open action, or a single document read or written, nor are the counts generated identical between access methods.

The goal of Usage Auditor is to provide insight into which applications are used heavily and by whom. Usage Auditor does not attempt to interpret these events; it reports on event counts.  As a result, a single database-open action may generate multiple hit counts, and Notes access will likely produce fewer counts than web access due to the nature of HTTP requests and how Domino tracks them.  The summary information generated from this process provides an accurate picture of the relative usage of applications within each access type.

Sv translation
languageja

Teamstudio Usage Auditor は IBM Domino アクティビティロギングによって収集された利用状況を追跡し、監視下にあるそれぞれのサーバーのアプリケーションに対する利用状況のレベルを把握できるようになっています。

Domino のアクティビティロギングは Notes セッション、データベースを開くなどのある一定のアクティビティを「イベント」として記録していきます。

Usage Auditor は Notes クライアント、HTTP(Webブラウザー)、そしてエージェントがアプリケーションにアクセスしたイベントの実行総計を追跡します。これら様々なイベントのデータは、実際の操作と異なる場合があります。ひとつのイベントは、ひとつのデータベースを開くというアクションを必ずしも意味するものではなく、文書への読み書き、様々な方法によって識別されるカウントとは必ず一致するものではありません。
Usage Auditor を使用する目的は、どのアプリケーションが誰によって主に使われているかの洞察を提供することです。これらのユーザー操作の実際をくまなく説明するものではありません。生成されたアクティビティログのイベントをカウントしていくことにあります。その結果、ひとつデータベースを開いただけで、複数のヒットカウントを生成する場合があります。Notes でのアクセスは Web からのアクセスに対して少なくカウントする傾向がありますが、それはHTTPリクエストの性質によるもので、そのように Domino が追跡するからです。こういったプロセスで生成されるサマリーの情報は、それぞれのアクセスタイプにおいてアプリケーションの「相対的な」利用状況に関する正確な概要を提供するものです。