Page tree

Versions Compared

Key

  • This line was added.
  • This line was removed.
  • Formatting was changed.
Comment: Published by Scroll Versions from space TEADOC and version 5.0
Sv translation
languageen


Usage Statistics at the user level are tracked on a per-server basis:


 

User statistic documents can be found in the views under User in the left-hand navigator.  User level statistics are separate from the By User views for Databases, which contain Database documents grouped by the user based on the list of users contained in the Database document.

Usage is tracked for Notes client,  HTTP / Web access, and as an Agent signer, along with the last date the user accessed a given server.


Enabling or Disabling User Tracking

Tracking of usage statistics at the individual server level can be configured on the User document.  

To prevent statistics being tracked for databases on one or more servers, click Disable DB Tracking and choose the server(s) to disable.

To enable tracking on servers previously disabled, click Enable DB Tracking and select the server(s) to re-enable 

Tracking can also be automatically disabled for a user when they access a server not previously access, by checking Disable tracking when new servers are accessed.

**Note: the collection of server-level activity counts displayed in the user document will also be disabled for servers where tracking is disabled.

 

Enabling or Disabling User Tracking in Views 

At the view level, User Tracking can be enabled/disabled for all selected users via the Database Activity Tracking action.

This action will enable or disable tracking on all servers.


View Icons

The first column in User views displays an icon indicating whether the user type is known:

  •  indicates that the name represents a user, based on a user document found in the Domino Directory
  •  indicates that the name represents a server, based on a server document found in the Domino Directory
  •  indicates that the name was not explicitly listed in the Domino Directory - this often occurs when users from another domain are granted access to a server via group or server security document, without being explicitly defined in the current server's domain

The 'tracked' column in User views indicates whether User Tracking is enabled or disable:

  •  indicates the user is tracked for all servers 
  •  indicates the user is not tracked on any server
  •  indicates that the user is tracked on a subset of servers

 


Sv translation
languageja

ユーザーレベルの利用状況の統計はサーバー単位で追跡します:



User Statistic 文書は左のナビゲーターの「By User」のセクションにあるビューで確認できます。ユーザーレベルの統計は Database 用に用意された By User とは異なるものです。Database のビューは、Database 文書に格納した User List にリストされているユーザーでグループ分けしたものです。利用状況は Notes クライアント、HTTP/Webアクセス、エージェントの署名で実行されたものを追跡し、ユーザーが指定されたサーバーに最後にアクセスした日付も追跡します。

ユーザー追跡の有効化/無効化
個々のサーバーごとに利用状況の統計の追跡をするかどうかは User 文書で設定できます。
ひとつ、あるいは複数のサーバー上のデータベースの追跡をやめたい場合には DB Tracking を無効にし、対象のサーバーを選択して無効化します。
以前無効化したサーバーに対して追跡を再開するには、 Enable DB Tracking をクリックし、サーバーを指定します。 
また、あるユーザーが対象サーバーにこれまでまったくアクセスしていない場合に、新たにそのサーバーにアクセスした際に自動的に追跡をやめることも可能です。その場合には Disable tracking when new servers are accessed をチェックしてください。
**注意: User 文書内で表示されるサーバーレベルのアクティビティのカウントは追跡が無効になっているサーバーに対しても同様に無効になります。

ビューの中でユーザー追跡の有効化/無効化を行う 
ビュー内で選択したユーザーに対して Database Activity Tracking アクションを使って有効化/無効化出来ます。

このアクションで、すべてのサーバーの追跡を有効化/無効化できます。

ビューに表示されるアイコンの意味
ユーザービューの第1列に表示されるアイコンは次のユーザータイプを意味しています:

  •  ユーザーの名前として表され、ドミノディレクトリーで合致したユーザー文書に基づいています
  •  サーバーの名前として表され、ドミノディレクトリーで合致したサーバー文書に基づいています
  •  ドミノディレクトリーには存在しない名前を表しています。グループやサーバーセキュリティ文書を経由してサーバーにアクセスが許されている他ドメインのユーザーである可能性があります。

User ビューにある 'tracked' 列はユーザー追跡が有効か無効かの状態を表します:

  •  すべてのサーバーでユーザーの追跡が有効
  •  いくつかのサーバーでユーザーの追跡が行われていない
  •  サーバーのサブセットで追跡が行われている