Page tree

Versions Compared

Key

  • This line was added.
  • This line was removed.
  • Formatting was changed.
Comment: Published by Scroll Versions from space TEADOC and version 6.5
Sv translation
languageen

The Catalog module imports information from Domino server catalogs and address books. It serves as a master list of all databases, templates, users and groups on your servers and all of the other modules in Teamstudio Adviser refer to it.

Running a Catalog Scan

You run a Catalog Scan from the Servers section of the Settings page. See the relevant documentation for details.

Viewing the Catalog

After you have run a Catalog Scan, you can view the results by clicking on Catalog on the top navigation bar or by clicking on the Catalog section of the Adviser home page. This will display the Catalog overview page.

The overview page shows the largest databases by file size and the largest templates by number of design elements. You can use the buttons next to each chart to control whether the data is shown as a pie chart, a bar chart or a table.  The page also shows a summary of the last few scans so that you can see how current your scan data is. You can run a Catalog Scan any time you want to update the data.

Viewing Databases

To view a list of databases, click the Databases button at the top of the screen. 

By default, this will display a list of all of the databases on all your servers. As with any list in Teamstudio Adviser, you can click on any of the column headers to sort the data. You can also use the search box to limit the display to databases matching the search text. All of the columns are searched, so you can, for example, match on a template name, not just a database path.

Instead of viewing a complete list, you can group the databases in various ways. To do this, click on the down arrow at the right of the Databases button at the top of the screen. This will offer several ways to group the data, such as by template or by date of last modification. For example, if you group by template, you will see a screen like the following.

To the left, a list of templates is shown, along with how many databases use that template. Selecting a template will display a list of those databases.

Viewing Database Details

To view the catalog details for a database, simply select the database from any list. This will display the details screen.

This screen shows the database list on the left and the details of the selected database on the right. You can expand the sections to view different types of data about the database. Teamstudio Adviser will remember which section you have expanded so that you will see a consistent view as you navigate through the application.

You can view details from other modules using the row of buttons above the details:

These will switch between Catalog, Usage, Complexity and Guidance details. The last button is used to filter the database - see フィルター機能Filters for details.

If the list that you were viewing was grouped then you will see an additional control at the top left of the screen that allows you to navigate through the groups. This control has buttons with left and right arrows that allow you to navigate to the previous and next groups. You can also click on the central text with the group name to select from a dropdown list of all groups.

Effective Access

Adviser 6.1 adds a new detail section for databases: Effective Access - Users. You can think of this as being a version of the ACL with all of the groups expanded so that you can see exactly which users have been granted access to the database.

Effective Access uses standard text to identify users that are explicitly listed in the ACL and italics to identify users that have access to the database via a group. In the example above, Lauren Dowd is explicitly listed in the ACL as a manager. Bella Hemmings is also a manager, but because Manager is displayed in italics, she is not explicitly listed in the ACL with that access level. You can click on a user to navigate to the corresponding user details screen to explore group membership for the user or find out which other databases they can access. For comparison, here is the ACL for the same database.

The full list of users with access to a database can grow large and so Adviser breaks the list into pages of up to ten users at a time. You can use the First, Last and arrow buttons to navigate through the pages. Alternatively, the search bar will search the entire list and only display matching users. As always in Adviser, you can also click on the column headers to sort the list by user name or access level.

Info

Effective Access can generate very large volumes of data in large organizations and is therefore disabled by default from Adviser 6.5 onwards. See the Release Notes for more details.

Info

Effective Access only lists users named in the ACL, either directly or indirectly via a group. It will not list users that, for example, have access to a database via a Default ACL entry.

Business Value

At the top of the details view, you will see a dropdown with a diamond icon.

 

This allows you to set a Business Value for a database representing its importance to your organization. The value is set on a scale of 1 to 5 with 1 meaning not important and 5 meaning critically important. Business value is an important factor when determining the future of a database as you consolidate servers or migrate your applications and it is a key component in Adviser's guidance recommendations.

Keyboard Navigation

There are several keyboard shortcuts to help you navigate around the details view.

  • Up and Down arrows will move to the previous and next databases in the list
  • Left and Right arrows will cycle through the different modules
  • 0-5 will set the business value for the database. Use 1-5 to set the value or 0 to revert to Unknown.

Viewing Users

To view a list of users, return to the Catalog overview screen and click the Users button.

By default, this will display a list of all of the users in all scanned address books. Instead of viewing a complete list, you can group the users in various ways. To do this, click on the down arrow at the right of the Users button at the top of the screen. This will offer several ways to group the data. For example, if you group by Group Membership, you will see a screen like the following.

To the left, a list of address book groups is shown, along with the number of users in each group. Selecting a group will display those users. Note that Adviser automatically expand out all nested groups and so the list of users includes not only users explicitly named in the group but also users contained in any nested groups.

Viewing User Details

To view the catalog details for a user, simply select the user from any list. This will display the details screen.

This screen shows the user list on the left and the details of the selected user on the right. You can expand the sections to view different types of data about the user. Teamstudio Adviser will remember which section you have expanded so that you will see a consistent view as you navigate through the application.

Understanding Group Membership

The Groups section for a user shows all of groups that a user belongs to. If a user is explicitly named in a group then the group name will be shown in standard text. If a user is indirectly in a group as a result of belonging to another group then the group name will be shown in italics. For example, in the screen above, Gordon Hudson is explicitly named in the US Admin group because 'US Admin' is displayed in  standard text. On the line underneath, he is shown as indirectly belonging to the Administrators group because Administrators is displayed in italics. The second column, titled 'Via' explains why: the Administrators group contains the US Admin group. Similarly, on the next line, he is in the Groupshield Administrators group because that contains the Administrators group.

If you only want to see the groups that explicitly contain the user then you can use the toggle at the top of the section to switch from All groups to Explicit Only groups.

Info

Group data will only be available if Effective Access is enabled. Please see the Release Notes for further details.

Effective Access

In addition to group membership, Adviser shows you all databases that list a user in the ACL either directly or via a group. This is in the Effective Access - Databases section.

The access level that the user has to the database is show in regular text if the user is explicitly listed in the ACL and in italics if the access is via a group. So in the example above, the user is listed in the ACL for Audit6/adviser.nsf as a Manager. The user also has manager access to mailarchive/a_apeter.nsf although they are not explicitly listed as such in the ACL. You can click on a database name to navigate to that database to explore the ACL or find out which other users have access to that database.

Info

Effective Access can generate very large volumes of data in large organizations and is therefore disabled by default from Adviser 6.5 onwards. See the Release Notes for more details.

Info

Effective Access only lists databases that contain the user in the ACL, either directly or via a group. It does not list databases that the user has access to, for example, via a Default ACL entry.

Sv translation
languageja

この 「カタログ」モジュールでは、Domino サーバーのカタログから情報を読み込みます。サーバー上のデータベースおよびテンプレートすべてのマスターリストとして提供されます。また、Teamstudio Adviser の他のモジュールが参照するマスター情報にもなります。

カタログ・スキャンを実行する

設定 ページのサーバー セクションで カタログ・スキャンを実行します。詳細はこちらの関連する 文書 をご参照ください。

カタログを表示する

カタログ・スキャンの実行後には、上部ナビゲーションバーの「カタログ」をクリックするか、Adviser ホームページの「カタログ」セクションをクリックして結果を表示し確認できます。ここではまず最初に「カタログ」の概要ページを表示します。

概要ページでは、ファイルサイズの大きいデータベースと、設計要素の数が多いテンプレートを表示します。それぞれのチャートにあるボタンで、パイチャート、棒グラフ、表での表示の切り替えが行えます。このページでは、直近のスキャンのサマリーを表示しているので、スキャンしたデータがどれくらい最新かを確認できます。データを最新にしたければカタログ・スキャンでいつでも実行できます。

データベースの表示

データベースの一覧を表示するには、画面上部の「データベース」ボタンをクリックします。

デフォルトでは、すべてのサーバー上の全データベースの一覧を表示します。Teamstudio Adviser 内のどのリストにも共通して、列ヘッダーをクリックすることでデータをソートできます。また、検索ボックスを使って検索テキストに合致したデータベースを表示できます。すべての列が検索され、例えばテンプレート名だけでなくデータベースパスも検索対象となります。

完全なリストを表示する代わりに、いろんな方法でデータベースをグループ分けできます。画面上部の「データベース」ボタンの右にある下矢印をクリックします。テンプレート別、最終更新日別などのデータをグループ化できる方法を提供しています。例えば、テンプレートでグループ分けしたい場合、下のような画面が表示されます。

左側にテンプレートのリストが表示され、そのテンプレートが使用されていますデータベースの数も確認できます。テンプレートを選択すると、該当するデータベースが表示されます。

データベースの詳細を表示する

ひとつのデータベースに対して、カタログの詳細を表示するには、単純にリストからそのデータベースを選択します。これで、詳細画面が表示されます。

この画面では、左にデータベースのリストを表示し、右に選択データベースの詳細を表示します。そのデータベースに関する異なるタイプのデータを展開し表示することができます。Teamstudio Adviser はどのセクションを展開したかを記憶しているので、アプリケーション間を移動しても同じセクションの状態で詳細を表示します。

詳細情報上部のボタン群列を使って他のモジュールが収集した詳細情報を確認できます:

このボタンで「カタログ」、「利用状況」、「複雑さ」、「ガイダンス」の各詳細に切り替わります。最後のボタンはデータベースをフィルターするのに使用されます。詳しくは フィルター機能Filters をご参照ください。

表示していたものグループ分けされていたリストであった場合は、スクリーンの上部左側に追加のコントールが表示され、グループ間を切り替えルことできます。このボタンには左矢印と右矢印のコントロールがあり、前や次のグループに移動できます。そのグループ名のある中央のテキストをクリックして、グループすべてを表示してドロップダウンリストから選択することもできます。

有効アクセス権

Adviser 6.1 よりそれぞれのデータベースに新しい詳細セクションが追加されました。: 有効アクセス権 - ユーザー です。この情報はグループ設定を展開した ACL 設定として、ユーザーがこのデータベースに対してどのアクセスが付与されているかを正確に把握できます。

有効アクセス権は ACL に設定されているエントリに実際の名前がリストされている場合には通常の文字列を、グループの中設定されているそのユーザーのアクセスには斜体の文字で表現しています。上のサンプルでは、Gordon Hudson はACL でその名前が管理者として設定されていますが、Christian Morgan は管理者と斜体で表示されているので、ACLに直接指定されておらず、グループ設定の中のメンバーとしてアクセスが与えられていることがわかります。あるユーザーをクリックして、このユーザーのグループでのメンバーを調べたり、このユーザーが他のデータベースに対してどのようなアクセスができるかを調査できるできる対応するユーザー詳細の画面を表示させることができます。比較の参考までに、こちらは同じデータベースの ACL 設定です。

あるデータベースへのアクセスに関わるすべてのユーザーのリストは、非常に膨大なものになりがちで、Adviser では一度に表示するユーザーの数を 10 名を上限として分けて表示しています。最初や最後のボタン、あるいは矢印のボタンを使ってページ間を移動できます。あるいは特定のユーザーがわかっている場合には、リスト内のすべてから検索バーを使って、それに合致したユーザーを表示させることもできます。Adviser の共通した機能として、列ヘッダーをクリックしユーザー名やアクセス権でソートをかけることもできます。

Info

有効アクセス権は ACL にリストされてい直接指定されているるユーザー、あるいはグループで間接的に指定されているユーザーのみを表示します。しかし、Default のACL エントリでアクセスするユーザーに関しては表示されません。

 

ビジネス・バリュー

詳細ビューの上部にはダイアモンドアイコンのドロップダウンリストがあります。

 

このドロップダウンリストで、データベースに対して組織での重要性を表す「ビジネス・バリュー」を設定できます。 この値には、1 から 5 までの値をセットでき、1 はまったく重要ではない、5 はクリティカルで重要であることを意味します。ビジネス・バリューはサーバーを統合したりアプリケーションを移行するなど、そのデータベースの将来を決定する上で重要な要因となります。加えて、Adviser の「ガイダンス」による提案において重要なコンポーネントでもあります。

キーボード操作

詳細ビューの操作を容易にするいくつかのキーボードショートカットを用意しています。

  • 上または下矢印でリスト内のデータベースを前や次に移動できます
  • 左または右矢印で、異なるモジュールへ切り替えることができます
  • 0 から 5 の数字キーで、該当データベースにビジネス・バリューを設定できます。1 から 5 を使用するか、0 で値を「不明」に戻すことができます。

ユーザーの表示

ユーザーのリストを表示するには、カタログの概要画面に戻り、ユーザーボタンをクリックします。

デフォルトでは、スキャンしたアドレス帳内のすべてのユーザーのリストを表示します。完全リストを表示するかわりに、様々な方法でユーザーを分類できます。画面上部のユーザーボタンの右にある下矢印をクリックします。これを使ってデータを様々な方法で表示させることができ、例えば、グループ毎に表示したい場合には、次のような画面になります。

左には、アドレス帳に登録されたグループの一覧が、それぞれに所属するユーザーの数とともに表示されます。グループを選択すると、そのユーザーが表示されます。Adviser は自動的にすべてのネストしたグループを展開するので、このユーザーのリストはグループで明示的に指定したユーザーだけでなく、ネストするグループ内のユーザーも表示されます。

ユーザー詳細の表示

ユーザーに対するカタログの詳細を表示するには、どのリストからでも構いませんがユーザーを選択してください。詳細の画面が表示されます。

この画面では、左にユーザーの一覧、右に選択したそのユーザーの詳細を表示します。セクションを選択するとこのユーザーに関する異なるタイプのデータを表示できます。Teamstudio Adviser は展開したセクションの状態を記憶していますので、アプリケーション内の他の箇所へ移動しても常に同じビューを表示するようになっています。

グループのメンバーを理解する

あるユーザーに対するグループセクションは、そのユーザーが所属するすべてのグループのリストを表示します。ユーザーがグループ内で明示的に設定されている場合には標準の文字列で、別のグループに所属のあるグループで設定されている場合には斜体の文字で表示されます。例えば上のスクリーンでは  Lauren Dowd は JP Admin グループに明示的に設定されて、"JP Admin" は標準の文字列で表示されていますが、Administrators グループに所属し間接的に設定されているため斜体で表示されています。2番目の列「経由」では、この Administrators グループが JP Admin グループに含まれていることを説明しています。同様に、次の Groupshield Administrators グループに所属しており、Administrators グループに含まれていることを示しています。

このユーザーが明示的に指定されているグループを確認したい場合には、上部にあるグループの表示指定ボタンをクリックし「すべて」から「明示情報のみ」にスイッチします。

有効アクセス権

グループ内のメンバーに加え、Adviser では直接またはグループ経由でこのユーザーが ACL で指定されているすべてのデータベースを表示します。有効アクセス権 - データベースセクションで確認できます。

このユーザーがデータベースに設定されているアクセスレベルは、そのユーザーが明示的に ACL で設定されている場合には標準の文字列で、グループを経由した設定の場合には斜体で表示されます。上の例では、SalesTraining/SalesEngineerTest.nsf は管理者として ACL に直接指定されていますが、同時にこのユーザーはグループによる設定から mailarchive/a_apeter.nsf は管理者の権限をもっていますが、ACL の中には明示的に設定されていません。そのデータベースの名前をクリックして、そのデータベースの ACL 情報や他のユーザーのアクセスを確認できます。

Info

有効アクセス権分析は、大きな組織では非常に大量のデータを生成することになります。それ故に、Adviser 6.5 以降ではデフォルトでは無効になっています。より詳細の情報は Release Notes を参照してください。

Info

有効アクセス権は ACL にリストされてい直接指定されているるユーザー、あるいはグループで間接的に指定されているユーザーのみを表示します。しかし、Default のACL エントリでアクセスするユーザーに関しては表示されません。