Page tree

Versions Compared

Key

  • This line was added.
  • This line was removed.
  • Formatting was changed.
Comment: Published by Scroll Versions from space TSDOC and version E33
Sv translation
languageen

Beginning with Edition 32 introduces a new installer built using , the Notes Tools installer utilizes Windows Installer. This should offer offers a much more conventional installation experience than earlier versions and replaces the Widget Installers and the beta MSI installers from E31.1. 

Installation

  • Verify that the system you are installing on meets the system requirements in the Before You Begin section.
  • Download the Notes Tools installer from the Download Page.
  • Close and exit all Notes client processes (Notes, Designer, Admin, etc.).
  • Launch the downloaded "Notes Tools.exe" installer, and follow the instructions in the installation wizard.

The installation wizard will allow you to confirm the location of the Notes client install, and choose which tools in the suite to install.

The installation utilizes artifacts from the Notes client installation and can encounter issues if Notes has been moved or upgraded in certain ways. If you experience errors during installation, contact techsupport@teamstudio.com for guidance on how to resolve installation issues.


Info

If you previously installed a beta release with the same major and minor version number as the version you are installing, you must remove the existing install first, via the Windows Control Panel's "Add or Remove Programs" feature.

If you installed the tools using the E31.1 beta MSI installers, we recommend removing the tools via the Windows Control Panel before installing E32. The E32 installer will upgrade your tools in any case, but it is not able to remove the old Control Panel entries. In all other cases, the E32 installer should be able to upgrade your existing installation.

Installation Changes in E32 

  • The tools are no longer installed using widgets. The installer will attempt to remove previous widgets as part of the upgrade process.
  • The client tools are no longer installed to the Notes program directory. They are now installed, by default, to C:\Program Files (x86)\Teamstudio\Notes Tools\bin and this directory is added to the current user's PATH. No files are installed to the Notes program directory.

    Info

    If you are upgrading from an older version of the tools, the E32 installer needs to remove any old Teamstudio files from the Notes program directory. If you are running Notes from a file server, you will need write access to that directory for the initial E32 install. Subsequent upgrades will no longer write to the Notes program directory.

  • A single installer now handles the installation of all products. This means that all products from E32 onwards must be upgraded together. So when you upgrade to E32.1, for example, you cannot upgrade just Teamstudio Analyzer and leave Teamstudio Configurator at E32. This only applies to E32 and above - it is possible to retain, say, E31.1 of Teamstudio Analyzer and install E32 of Teamstudio Configurator. While rare, if you need to downgrade to an older version, you will need to uninstall all products and then reinstall the older version.
  • It is no longer necessary to remove older versions before upgrading. The installer will automatically remove previous versions as part of the installation process.
  • All installation directories are now configurable. The installer will attempt to find your Notes program directory, data directory and notes.ini location but you can modify them if you have a complex configuration that the installer does not correctly recognize. You can also change the directory in which the Teamstudio tools are installed, although this is not recommended.


Sv translation
languageja

Edition 32 では Windows インストーラーを使用した新しいインストーラーを導入しています。これは以前のバージョンよりも因習的なインストール体験を提供するもので、ウィジェットインストーラーや E31.1 から提供していたベータ版の MSI インストーラーに置き換わる方法です。 

Info

E31.1 のベータ版 MSI インストーラーを使用してツールをインストールした場合、E32 をインストールする前に Windows のコントロールパネルを使用してツールを削除しておくことをお勧めします。E32 のインストーラーはいづれにせよツールのアップグレードをしますが、古いコントロールパネルのエントリーを削除することができません。その他のすべてのケースにおいては、 E32 インストーラーは既存のインストレーションを正常にアップグレードします。

E32 におけるインストール方法の変更


  • ツールはウィジェットを使用してインストールすることはなくなりました。このインストーラーではアップグレードのプロセスの一部として以前のウィジェットを削除するようになります。
  • クライントツールは Notes プログラムディレクトリーへのインストールをしなくなりました。デフォルトでは C:\Program Files (x86)\Teamstudio\Notes Tools\bin にインストールされ、このディレクトリーはユーザーの PATH へ追加されます。Notes プログラムディレクトリーへインストールされるファイルはひとつもありません。

    Info

    古いバージョンのツールからアップグレードをする際、E32 のインストーラーは Notes のプログラムディレクトリーから古い Teamstudio ファイルを削除する必要があります。Notes をファイルサーバーから起動している場合は、E32 のインストールにはそのディレクトリーへの書き込み権限が必要となります。続くアップグレードの処理では Notes のプログラムフォルダーにはなにも書き込みを行いません。

  • インストーラーひとつですべての製品のインストールを操作します。つまり、E32 からすべての製品は一度にアップグレードされます。例えば、E32.1 へアップグレードする際、Teamstudio Analyzer だけをアップグレードし、Teamstudio Configurator を E32 のままにしておくことができません。これは E32 以降でのみ適用されます - Teamstudio Analyzer を E31.1 でそのままにし、Teamstudio Configurator を E32 のインストールを行うことは可能です。あまり起こらないことですが、古いバージョンへダウングレードする必要があったとき、すべての製品をアンインストールして古いバージョンをインストールすることもできます。
  • アップグレードする前に、古いバージョンを削除する必要がなくなりました。インストーラーはインストールの過程で古いバージョンを自動的に削除します。
  • すべてのインストールディレクトリーが構成可能になります。インストーラーは Notes プログラムディレクトリー、データディレクトリー、notes.ini の場所を検知しようとしますが、インストーラーが正常に認識しない複雑に構成されている場合に、それらを修正することができます。加えて、推奨はしませんが Teamstudio ツールのインストール先ディレクトリーを変更することも可能です。