Page tree

Versions Compared

Key

  • This line was added.
  • This line was removed.
  • Formatting was changed.
Comment: Published by Scroll Versions from space TSDOC and version E33

...

Sv translation
languageja

CD レコードには、フォームやサブフォームの設計レイアウトのリッチテキスト定義が保存されます。これらの定義は性質上かなり複雑なため、フォームのレイアウトを少し変更するだけでも、CD レコードレベルではかなりの変更になります。[CD フィルタ ] タブでは、2 つの設計要素や 2 つの文書を比較する際に意味のない、重要度の低いデータ(単純なフォームレイアウトの変更など)をフィルタ処理できます。

 


Info
title重要

CD フィルタは上級レベルのオプションです。設計要素の内部構造を十分に理解した上で使用してください。

CD フィルタは、スマートフィルタから初期設定を取得します。次のようにして、1 つのレポートのフィルタに変更を加えることができます。

CD レコードをフィルタ処理するには

  • レポートで CD レコードを非表示にするには、[ フィルタを適用し、下記で選択されている複合レコードをレポートに含む] チェックボックスをオンにします。




左側の一覧ボックスには、次のオブジェクトタイプが一覧表示されます。

オブジェクトのタイプ

説明

CD レコード

$BODY などのリッチテキスト用オブジェクト

ナビゲータ

ナビゲータ用オブジェクト

アクション

フォームやビューでのアクション用オブジェクト

 


右側の一覧ボックスには、選択したオブジェクトタイプの CD レコードす べてが一覧表示されます。

  • [ すべて表示 ] をクリックすると、選択したオブジェクトタイプの CD レコードすべてを選択できます。

  • [ すべて非表示 ] をクリックすると、選択したオブジェクトタイプの CD レコー ドすべてを解除できます。

  • [ デフォルト ] をクリックすると、すべてのオブジェクトタイプに Delta デフォ ルト CD レコードが使用できます。

CD レコードのタイプについては、IBM Lotus HCL Lotus Notes C API マニュアルで定義 されています。通常は、デフォルト設定を変更する必要はありません。

Info
title注記

カスタマイズした CD フィルタの選択内容は保存されないので注意してください。次回 Delta でレポートを作成する際、CD フィルタをカスタマイズし直す必要があります。

CD フィルタの使用方法の詳細については、 スマートフィルタの設定 を参照してください。

Warning
title警告

CD レコードの選択内容を 1 つのオブジェクトタイプだけにカスタマイズするには、まず [ デフォルト ] をクリックします。これによって、すべてのオブジェクトタイプがデフォルト設定になります。その後、目的のオブジェクトタイプを選択し、カスタマイズします。オブジェクトタイプをカスタマイズした後に [ デフォルト ] をクリックすると、選択内容がデフォルト設定に戻ってしまいます。